« 新都市構想 | トップページ | 致死率が高い! »

2017年4月25日 (火)

いまそこにある危機

 日本政府は朝鮮半島有事を想定して具体的な対策計画を立てている。難民や北朝鮮特殊部隊の侵入対策も考えておかなければならないし、なにより半島に住む邦人の避難保護は最優先で考えなければならない。

 ところが韓国では政府も国民もあまり真剣に危機と感じていないようだ。いまだに大統領選の争点は日韓慰安婦合意問題とTHAAD問題である。日本が騒いでいた太陽節(金日成の誕生日で北朝鮮の祝日)でも何もなかったではないか、大げさだ、という声が多いらしい。なにかが起こる前には何も起こらなかったというだけのことだ。いままで起きなかったことはこれから起こらないことの根拠にはならない。

 危機が眼の前すぎて却って見えなくなっているらしい。それとも事態のあまりの恐怖から眼を逸らしているだけなのか。こうして朝鮮は日清戦争、日露戦争、日韓併合も、当事国でありながら、あれよあれよと見ているだけで、自国の存続のために戦うこともなく過ごしてきた。そのトラウマが反日につながっているのだろう。自分は悪くない、悪いのはすべて日本なのである。そんな呪文は北朝鮮には通用しない。いざというときどうするつもりなのだろうか。アメリカも呆れているだろう。

« 新都市構想 | トップページ | 致死率が高い! »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

「平和的に話し合いで解決」などと中国は言いながら、尖閣の侵入を続けてます。
中国は目的のためにはなんでもするし、どんな発言でも平気でするようです。
韓国は目的もなくフラフラしてるようです。期待も仲良くもしないほうがよさそうです。

けんこう館様
韓国に滞在している邦人の避難を少しずつ進めておくことが必要かも知れません。
それが結果的に韓国の危機感を覚醒させることにつながるかも知れないからです。
しかしそのための打ち合わせを求めているのに、日本大使に会おうともしない韓国政府というのはどういう国かと思います。
このことはますます日韓関係の融和を困難にしています。
韓国の観光地は観光客が減りだしているようですが、それでも出かける日本人がいます。
万一の時、日本の救援のための飛行機も船舶も韓国は受け入れることを了承していません。
泳いで帰る覚悟があるのでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新都市構想 | トップページ | 致死率が高い! »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 住まい・インテリア
  • 心と体
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
無料ブログはココログ
フォト

ウェブページ