« 大鹿村(2) | トップページ | 天竜峡(2) »

2018年5月21日 (月)

天竜峡(1)

昼神温泉から天竜峡は近い。ゆっくり行っても車で一時間足らずである。天竜峡には娘のどん姫が中学生くらいの時に一緒に来たことがある。そのときは列車で来て日帰りだった。駅から天竜峡の遊歩道は目の前なので、こちらも便利である。


船下りの駐車場(有料)に車を置かせてもらって遊歩道を歩く。一周2.5キロ、40分とガイドブックにあるが、一時間かけて休み休み歩く。前回来た時はどん姫と軽い足どりで歩いた記憶があるが、今回は思いの他のアップダウンの多さに汗をかいた。当日は好天ながら木陰は涼しかったからまだいいが、本格的な夏だったら汗みずくになるところだ。

Dsc_6450

鉄橋の上から川を見下ろす。水量が多く、白く濁っている。実は最初遊歩道の降り口を勘違いして違う方向に行ってしまい、無駄に歩いてしまった。間違えようのない間違いで、自分に腹が立った。

Dsc_6455

そこらじゅうにこの花が咲いている。

Dsc_6461

ミツバツツジというのだ。こういう説明があるとありがたい。

Dsc_6463

蛇は苦手である。ましてまむしである。注意といわれても・・・。

Dsc_6462

無事石碑にたどり着く。天竜峡の竜が龍である。

Dsc_6465

どれどれ・・・。

Dsc_6466

なるほど、見事に岩が屹立している。このあとぐるりと廻ってあの岩のてっぺんまで登ることになる。

Dsc_6468

龍角峯の足元。川はセメントでも流したように白青灰色に濁っている。以前もこんな水だっただろうか。

Dsc_6467

ガイドブックの写真は普通の水色なのだが・・・。

« 大鹿村(2) | トップページ | 天竜峡(2) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

OKCHANさん
新発見です
ヘビが嫌いで苦手、仲間がいたなんてうれしい
伊豆にあるヘビ水族館には、行かないでしょう。
1000円も出して体感しなくてもね。
お疲れが出ませんように(゜゜)(。。)ペコッ

ちかよ様
水族館などで怖い物見たさで見ることはありますが、藪の中などで蛇に出遭うと心臓が止まるかと思うほどびっくりします。
子どものとき父の仕事の関係で三年ほど田舎暮らしをしたとき、近くの竹藪が蛇だらけで、 隣家の幼なじみの家に行くにはその藪を通るのが近道でした。
何度大きなアオダイショウやシマヘビやヤマカガシに出遭ったことか。
あわてて逃げて小川にはまったこともあって、トラウマになっているようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大鹿村(2) | トップページ | 天竜峡(2) »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 住まい・インテリア
  • 心と体
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
無料ブログはココログ
フォト

ウェブページ