« 藤井叔禎編『漱石紀行文集』(岩波文庫) | トップページ | ニュースの優先順位 »

2019年6月23日 (日)

責任は問われるのだろうが

  神奈川県の愛川町から逃走していた犯罪者がようやく拘束されたと報じられていた。地域だけでなく、凶悪犯はどこにでも行くことが可能な状態だったから、日本中が不安に蔽われていたけれど、これで一安心である。

 

 逃亡を幇助する人がたくさんいたとしか思われない逃走の経緯のようで、その人たちも罪に問われるかも知れない。とはいえ彼等も男気(女気もあったらしい)があると仲間内から賛美されることであろうから、罪を問われたところでなにほどのこともないと思っていることだろう。

 

 ところがこの逃亡犯を逃亡罪に問えるかどうか難しいらしい。逃亡罪とは罪を犯して官権に拘束された犯人が、その拘束から脱して逃亡することをいうのであって、この犯人は拘束される前に逃亡したので逃亡罪に問えないかも知れないそうだ。不思議な話である。

 

 多くの人が、どうしてこのような犯罪者の釈放を許可したのか疑問に思っているし、その後の官憲の不手際もどうしたことかと不審に思っていることだろう。私が特に首をかしげるのは、逃走事件の公表に四時間もかかったらしいことだ。その間犯人は完全な野放しで、どこで凶行があってもおかしくない状態だった。

 

 想像がつくのは、とにかく公になる前になんとかしようとしていたということだろう。責任を問われるのを恐れたのだ。特にマスコミは犯人以上に官憲の罪を問うこと大だから、それを恐れたのかとも思う。そのことで犯人の追跡は後手後手に回ることになった。

 

 この逃走劇によって地域の学校は休校となり、人出は激減してさまざまな被害が生じた。被害が生じればその責任が問われるのは当然のことであろう。私が最も責任が重いと思うのは、保身を考えて初動の手立てに遅れを来した者たちだが、そのへんの責任が問われてどんな処分があったかということは殆ど報じられることはないし、それを追及するマスコミもないことが殆どで、再び三度このような事件がまた起こるだろう。

 

 住民がパニックになるのがもっとも心配、というのがこういう時の責任逃れの常套句で、あの東日本大震災のときの管直人内閣の原発事故の経過報告を思い出してしまう。汗をふきふき嘘をつき続けていた枝野さんを思い出す。
ポチッとよろしく!

« 藤井叔禎編『漱石紀行文集』(岩波文庫) | トップページ | ニュースの優先順位 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

OKCHAN さん
早い時間の逮捕で、
混乱がなくてよかったです\(^o^)/
お友達に逃走資金100万円貸して?
だから、
お友達も考えたんです。
逮捕されて、まずは一安心。
横浜市民は、
大量に税金使われて、
踏んだり蹴ったりヽ(`Д´)ノプンプン
明日の、幹部の会見楽しみ(*^_^*)

ちかよ様
揃って頭を深々と下げて、ちょっと出世が遅れるだけ、というところでしょうか。
心から済まなかったと思ってくれれば良いのですが、自分の責任などとは毛筋ほども思わず、運が悪かったとしか思わないのでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 藤井叔禎編『漱石紀行文集』(岩波文庫) | トップページ | ニュースの優先順位 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 住まい・インテリア
  • 心と体
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
無料ブログはココログ
フォト

ウェブページ