« 日韓関係を感覚的に捉えると | トップページ | そなえるべきなのを知りながら »

2019年6月20日 (木)

佐藤信編『古代史講義-邪馬台国から平安時代まで』(ちくま新書)

 ほとんど読み終わりかけていた本なのだが、いま興味が強くあるのが奈良時代なので、この本の平安時代の部分に来ると多少意欲が削がれていたということで、それを乗り越えてようやく読了した。


Dsc_0563_1

 「編」とあるように多くの気鋭の学者たちがそれぞりのテーマを引き受けて古代日本を論じている。ここに呈示されている古代日本の姿は、いままでの学校で学んだ歴史に似ていて、しかしずいぶんと違う様相を見せている。歴史に少しでも興味のある人なら、このような古代史の概観をあらためて学び直すのも良いのではないだろうか。なにしろ日本史が苦手な私が、とても面白いと感じたのだから大丈夫である。

190514-2_1

 ここでとりあげられた歴史の舞台となった場所をもとに、そこを訪ねて自分なりの世界観を構築していくのは案外楽しいものであるように思う。出かける先を探すときのヒントがこの本に満載されている。歴史はこんなに面白い。それを教えてくれたのが編者である佐藤信先生で、BSキャンパスの『古代史講義』という番組での出会いであった。現場に出かけてそれを実感することを先生は身をもって教えてくれた。もちろん先生は私のことなど知らない。
ポチッとよろしく!

 

« 日韓関係を感覚的に捉えると | トップページ | そなえるべきなのを知りながら »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

「今晩は」
ウワー、お写真の境石、どのようにして積んだのだろう、不思議?!

アットマン様
これが蘇我馬子の墓といわれる石舞台です。
奈良の飛鳥にあります。
本来は墳墓の下の石室だったようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日韓関係を感覚的に捉えると | トップページ | そなえるべきなのを知りながら »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 住まい・インテリア
  • 心と体
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
無料ブログはココログ
フォト

ウェブページ