« 長者原遺跡 | トップページ | 失望の底抜け »

2021年12月 5日 (日)

姫川温泉

糸魚川を散策した晩は、姫川温泉に泊まった。名前の通り、姫川沿いにあるひなびた温泉で、姫川に沿う国道148号線から近い。国道148号線は糸魚川から姫川、小谷村(おたりむら)それを過ぎると147号線になり、大町、松本へといたる。

小谷村から長野県になるのだが、少し手前の姫川を渡った姫川温泉は、長野県に属する。宿の女将さんが、天気予報は長野県と新潟県の両方を見ないとわからない、といっていた。

Dsc_6369

宿の部屋から姫川と大糸線を見ることが出来る。ふだんは姫川は澄んでいるが雨が降ったので濁っている。対岸は新潟県になる。

この姫川温泉には十年ほとど前に泊まったことがある。この宿は五階建てで五十部屋以上ある。前回は仲居さんもいて宿の料理人もいたのに、ほとんど宿泊客がいないからだろう、板前も仲居も見当たらず、ひっそりしている。玄関では廃業の気配を感じさせた。姫川温泉は湯量も豊富だし、源泉は60℃以上あって加水加温なしの掛け流し名のだが、カランの半分はシャワーがない。一人で静かに滞在するのには好いけれど、夜は静かすぎてひんやりしている。

食事はそこそこだけれど、仕出しのものと宿で作っているものが混在していて、焼き魚などは冷たくなって硬くてみぞりにくくてこまった。わびしい。これは宿のせいではないのだけれど。

Dsc_6368

部屋は一人で十畳敷きを占領している。

  人静かにして魚自ずから躍る。風定まりて荷さらに香る。

と読むのだろうか。荷とは中国では蓮のことである。緑雨は斉藤緑雨のことか。明治時代の文筆家である。

落款があるから真筆ということなのだろう。

Dsc_6371

翌朝も雨。南の小谷村の方を見ても上がる気配はない。ゆっくり湯に浸かってからどこにも寄らずに自宅へ帰った。

以上で今回の小旅行は終わり。

 

« 長者原遺跡 | トップページ | 失望の底抜け »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 長者原遺跡 | トップページ | 失望の底抜け »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 住まい・インテリア
  • 心と体
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
無料ブログはココログ
フォト

ウェブページ