« 堕ちたものだ、情けない | トップページ | 自己紹介と自己主張 »

2021年12月17日 (金)

お茶

 弟の嫁さんが静岡の清水生まれで、母親は百歳近いけれど健在である。今年春くらいまではまだ畑仕事をしていたけれど、秋に倒れて入院した。さいわい回復して自宅に戻っている。義妹も見舞いに一週間ほど行っていたようだ。帰省すると必ずお茶を土産に持って帰る。そのお裾分けをいただくのだが、そのお茶がまことに美味しい。

 

 旅に出ると地酒を土産に買うことが多いが、お茶どころを通るときにはお茶を買うこともある。そこそこの値段のものを買ったつもりでも、その静岡のお茶には敵わない。その美味しい静岡のお茶でも淹れ方で全く味が違う。温度、茶葉の量、お湯の量で味が変わるのは不思議なほどだ。美味しく淹れることが出来たときはとても嬉しい。

 

 これが安いお茶だと、どう淹れても濃いか薄いかだけの違いになるのだからそれも不思議だ。ふだんは安いお茶を淹れる。多めの茶葉で濃いめにしてたくさん飲む。ときどき静岡の茶葉で少なめに入れて香りと味を楽しむ。違いがあるからこそ味わいも感じられる。

 

 泌尿器系に慢性の疾患を抱えてしまったので、医師からは水分を意識的に摂って常に膀胱を洗浄するように心がけるよう指示されている。朝一番の尿の汚れ方は気持ちが悪いほどの色と濁りだが、水を飲み、お茶を飲み、コーヒーを飲んで水分をとり続けると、透明な尿になる。常に洗い続けないとならないから、どうしても水分過剰になって足がむくんだりすることがある。汗を人一倍かく。だから散歩などの運動をして汗をかき、風呂にゆっくり浸かって汗を流し、汗をかき、水分を落とす。

 

 そうして体内を洗い続けている。私は大のビール好きなのだが、ビールは特に体がむくむのでいまはほとんど飲むのを控えている。ビールは利尿性があるというが、私はビールをいくら飲んでもほとんどトイレに行きたくならない。むくむのはとうぜんだ。さいわいお茶やコーヒーの利尿作用はちゃんと働くので、愛飲している。

 

 中国の薬草茶やプーアル茶も常備していて、体調を整えるために飲むが、こちらは美味しいから飲むというより薬として飲むから楽しみということはない。

« 堕ちたものだ、情けない | トップページ | 自己紹介と自己主張 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 堕ちたものだ、情けない | トップページ | 自己紹介と自己主張 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 住まい・インテリア
  • 心と体
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
無料ブログはココログ
フォト

ウェブページ