« いったいぜんたい | トップページ | なくなったのかと思った »

2021年12月19日 (日)

怯いとはなにごとか

 昨夕、TBS系の『報道特集』という番組で、日本有事の際に出動を想定されている特殊部隊を取材したものが放送されていた。特殊部隊はそもそもあまり公にしないよう秘匿されるもので、どちらかというと革新色の強いTBSでも、特にその傾向の強いこの番組に取材を許したというのは、日本有事というものが現実に起こりえるもので、日本はそれに備えているのだということを知らせるのに、却ってこのような番組に取材を許した方がいいという判断が働いたのだろうと思う。

 

 厳しい訓練の一端を紹介して、日々努力している隊員たち(匿名であり、顔も秘されている。本人も家族も危険にさらされるおそれがあるからである)の苦労を目の当たりにした。その部隊の存在そのものについてのコメントなのであろうか、金平キャスターが、「見ていて怯い」というような言い方をしていた。「こわい」はことばで発せられていたから、漢字が当てられていなかったけれど、わたしには「怖い」ではなくて「怯い」と当てたくなる響きに聞こえた。

 

 金平キャスターはそのような有事の備えを見てこわかったというのだ。現実に戦闘を想定した部隊の存在がこわいと言ったのだ。私には、いまそこにある危機に備える訓練をする部隊が存在することがこわいと言っていたようにしか聞こえなかったのである。この人はたぶん戦場に赴いて取材するなどということはけっしてできないジャーナリストなのだろうなあと感じた。憲法擁護一辺倒の平和主義者の怯懦を見たので、「怯い」と言う字を当てたくなったのだ。

« いったいぜんたい | トップページ | なくなったのかと思った »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

おはようございます
あの番組はこの前の選挙前の時野党連合へ投票するように視聴者を誘導しようとしたりしていました。
エセマスコミの怖いところです。
また、日本人の平和ボケっぷりはどうしようもないですね・・・。まさに「病膏肓に入る」を地でいっています。
では、
shinzei拝

shinzei様
平和教を唱えていれば安全だと信じているようですが、もし戦時になるとその多くが戦意昂揚のプロパガンダを率先して始めるだろうと思います。
間違いを糊塗するのに、それまでの立場をコロリと変えるのがこのような人たちの常であることはまだ忘れられていないはずなのですが・・・・。
私は国防婦人会で庶民を管理した女性達の多くが、戦後は平和教の布教者として活躍したとにらんでいます。
正しい、正義の人たちです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いったいぜんたい | トップページ | なくなったのかと思った »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 住まい・インテリア
  • 心と体
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
無料ブログはココログ
フォト

ウェブページ