« 湯村温泉(2) | トップページ | 低いとよくないようだ »

2022年3月 1日 (火)

湯村温泉(3)

湯村温泉の最後は夢千代館。夢千代日記のイメージをセットにして展示している。

Dsc_6576

夢千代館。以前からあったのだろうか。私が湯村温泉に来たのは三回目だが、初めて知った。私以外に他に客はいない。300円。ドラマを観た人にはなつかしいはずだ。

Dsc_6580

置屋であるはる屋の玄関先。夢千代は芸者を抱える置屋の女将であり、同時に現役の芸者でもある。

Dsc_6577

はる屋の茶の間。はる屋の芸者は楠トシエ、樹木希林、秋吉久美子など。五話ずつ三シーズンあったので、入れ替わりがある。医者としてケーシー高峰がいい役回りを演じていた。

Dsc_6578

芸者として座敷に呼ばれる煙草屋旅館。女将は加藤治子。

Dsc_6579

小さな温泉街の概観。

Dsc_6581

この喫茶店は芸者たちのたまり場であり、刑事である中条静夫などもしばしばここに立ち寄った。温泉の顔役である長門勇の世話をしている女が店の店主。この店の裏が温泉のストリップ小屋につながっている。

二階には吉永小百合の反戦のための資料が展示されている。旧日本軍の資料などを見ると反戦なのか戦時中の記念なのかよくわからないが、省く。

ここで記念に朝顔の種をもらった。春に蒔くことにしよう。

翌日はどこにも立ち寄らず、まっすぐ自宅に帰った。ナビがわざわざ通行止めの中国道に向かう道を指示し、けっきょく通行止めの区間は地道を走らされ、余分な時間を食った。

今回の小旅行の報告はこれで終わり。

« 湯村温泉(2) | トップページ | 低いとよくないようだ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です・・・
このような施設あるのですね、写真みているとあの役者の面々が
現れそうな気になりますね。
”夢千代日記”懐かしく思い出しました。

でんでん大将様
いまはこういう忘れられないようないいドラマがありませんね。
哀しみを内面に抱えて生きる人を感じとれる優しさが失われてしまったのでしょうか。

昨日 偶然TVの乗り継ぎバス旅を見ていましたら・・・湯村温泉が出ていました。
OKCHANさんが行った所なので興味深く見ました。
天橋立がゴールの番組。天橋立は行っていますが、湯村温泉は行った事がありません。
夫の病が軽症のうちにどこか行きたいものです。

マーチャン様
湯村温泉は狭い温泉ですから散策が簡単にできます。
湯村温泉に泊まらなくても浜坂にでも泊まって美味しい魚を食べ、浦富海岸や鳥取砂丘を見るのも好いですよ。
城崎もすぐ近いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 湯村温泉(2) | トップページ | 低いとよくないようだ »

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 住まい・インテリア
  • 心と体
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
無料ブログはココログ

ウェブページ