« 震災前後の回想 | トップページ | 映画『シルバラード』 »

2022年3月13日 (日)

当たり外れ

 映画やドラマで好きなジャンルとまず観ないジャンルとがある。好きなのはミステリーとSF、邦画なら時代劇、それに準じてファンタジーや戦争映画もよく観る。まず観ないのは、恋愛もの、ホラーもの、そしてコメディである。恋愛映画にも記憶に残る名作傑作佳作がある。『ロミオとジュリエット』(オリビア・ハッシー主演版)、『ジョンとメリー』、『恋人たちの予感』『ローマの休日』などがたちまち浮かぶ。嫌いではないのだが、最近はその展開に共感しにくいものが多くてついて行けない。

 

 ホラーだってむかしはよく観た。『エクソシスト』や『オーメン』などはシリーズ全てを観ている。コメディは面白いと思ったことがない。日本のものはただふざけているとしか思えない(中国や韓国のものはそれに加えて汚らしい)し、西洋のものはそのギャグがたいてい理解できない。それよりも普通の映画のウイットのある会話のほうが楽しい。

 

 ミステリーは選んで観ればまず外れはない。許容範囲が広いということで、つまり好きなのだ。ただ同じように好きなつもりのSFものは、外れのことのほうが多いのが残念だ。低予算で雑に作られたものが多すぎる。

 

 そういえば西部劇も好きなジャンルだ。あまりひねりのない単純なものが多くて、たいてい最後に悪者が倒されるから観たあと気分がいい。きのう『シルバラード』という西部劇を観てその西部劇の楽しさを味わった。大当たりだった。

« 震災前後の回想 | トップページ | 映画『シルバラード』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 震災前後の回想 | トップページ | 映画『シルバラード』 »

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 住まい・インテリア
  • 心と体
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
無料ブログはココログ

ウェブページ