« 続・映画備忘録 | トップページ | 置き換えたら »

2022年3月27日 (日)

死者を弔う

 ウクライナの激戦地、マリウポリから逃げ延びた避難民が、「遺体が放置されている」とその惨状を伝えていた。

 

 生物の中で人間だけが死者を弔う。まともな人間なら死者を放置出来ない。放置することが耐えられないほど気持ちが悪いからだ。人はどんなに過酷で追い詰められていても、可能な限り死者を葬る。戦った仲間、そして敵であっても死者は葬るのが人としての務めだと感じるのが人間だと思う。

 

 肉親の遺体を放置して弔わないという事件を見聞きして感じる強い不快感は、あってとうぜんの感情なのだ。大きな事故や災害で行方不明者を必死で探すのは同じ感情からだろう。もういいかげんあきらめたら、と思うのは無関係な人間だからで、遺族は弔わないわけには行かないと思うのが自然なのだ。

 

 その死者を弔うこともできずに逃げざるを得ない惨状を作り出していて、それでも平然と市民は攻撃していないなどと嘘のつけるロシアの大統領や外務大臣、国連大使は人間の皮を被った鬼か。

« 続・映画備忘録 | トップページ | 置き換えたら »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 続・映画備忘録 | トップページ | 置き換えたら »

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 住まい・インテリア
  • 心と体
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
無料ブログはココログ

ウェブページ