« 当たり外れ | トップページ | 勘違いの罪の重さ »

2022年3月13日 (日)

映画『シルバラード』

映画『シルバラード』1985年アメリカ。監督ローレンス・カスダン
 主演はケヴィン・クラインだがひげ面で区別がつきにくい。準主役がスコット・グレンで、脇役にケビン・コスナーやダニー・クローバーが出演していい味を出している。この映画は西部劇らしい西部劇で、西部劇ファンなら大喜びだろう。

 

 スコットグレンは好きな俳優で、ずいぶんたくさんの有名な映画に出演している。しかしあまり主役を張った映画を観ていない。見るからに真面目そうな風貌なのに、なぜか実は悪役だったりする。あの『バック・ドラフト』での役柄もそうだった。あまり記憶されていないかもしれないが『羊たちの沈黙』でクラリス・スターリングをレクター博士の下へやる上司ジョン・クロフォードをスコット・グレンが演じていた。トマス・ハリスのミステリーは大好きで、『レッド・ドラゴン』以来のハンニバル・レクターものは全て読んでいるし、映画も観ているので、このジョン・クロフォードにはちょっと思い入れがあり、しかもそれをスコット・グレンが演じていたのが嬉しかった。

 

 話が脱線したが、この『シルバラード』というのは西部の荒野の中にある街で、そこが舞台。物語はスコット・グレンが演じるエメットを軸に展開する。エメットに助けられたペイドン(ケヴィン・クライン)、エメットの弟のジェイク(ケビン・コスナー)、更に黒人のガンマンのマル(ダニー・クローバー)が仲間になり、強盗に金を奪われた幌馬車隊を助けたり、街を牛耳ろうとする無法な牧場主と戦うという西部劇定番の映画である。

 

 133分の映画なのにあっという間に終わった気がする。もっと観てみたい気にさせる痛快な映画で、特に印象的なのが酒場の雇われ女主人ステラ(ステラという名前にはちょっと心が動く。柳ジョージの『青い瞳のステラ』、いい歌で大好き。この映画と関係ないけど)役のリンダ・ハントだ。こびとに近い小柄で、美人でもないのにとてもチャーミングで、ずいぶんいろいろな映画に出ているから知っている人は知っているだろう。そういえば賭博師役でジェフ・ゴールドブラムが出ている。みな若い。

« 当たり外れ | トップページ | 勘違いの罪の重さ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
毎日のように映画をお愉しみですね。
柳ジョージ!私も大好きな歌手です!
声もいい!と先日、書いていらっしゃいましたね!
日本人歌手では一番多くライブを楽しみました!
あ~でも、もう彼は彼方へ〜!

映画に関係ない?コメントですみません。

マコママ様
ショーケンの主演ドラマ「祭りばやしの歌が聞こえる」の主題歌を聴いて、柳ジョージを知り、好きになりました。
確かこのドラマがきっかけでショーケンはいしだあゆみと結婚したと記憶しています。
「青い瞳のステラ」はカラオケで歌ったことがあります。
早く亡くなったのは本当に残念でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 当たり外れ | トップページ | 勘違いの罪の重さ »

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 住まい・インテリア
  • 心と体
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
無料ブログはココログ

ウェブページ