« 見えないけれど聞こえる | トップページ | 文化 »

2022年6月13日 (月)

渡良瀬橋と渡良瀬川

足尾の駅からすぐ近くに小さな公園があり、渡良瀬橋、そして渡良瀬大橋から渡良瀬川をのぞき込むことが出来る。

渡良瀬川は足尾銅山の鉱毒水で死の川となり、明治時代に日本で最も古い公害問題となった。このとき問題追求の先頭に立ったのが佐野の田中正造であったことはよく知られている。さまざまな人がこの公害闘争に関わったが、志賀直哉も祖父が鉱山に関わっていたことで大きく影響を受けている。

Dsc_7235_20220613063001

渡良瀬大橋から渡良瀬川を見下ろす。

Dsc_7239

渡良瀬大橋に立って渡良瀬橋を見る。

Dsc_7241

渡良瀬橋は明治時代に作られた。補修されているので作られた当時のままではない。奥に見えるのは国道122号線のバイパス。

Dsc_7247

渡良瀬橋から渡良瀬大橋と足尾の山を遠望する。

Dsc_7242

古河鉱業の迎賓館。看板にあるように、土日祝日しか開かないのでまだ入ったことがない。ここへ来るのはいつもウイークデイなのだ。

Dsc_7248

渡良瀬橋から見下ろす渡良瀬川はまことに美しい。

Dsc_7250

この川が死の川と呼ばれた時代もあったのだ。

Dsc_7252

足尾は年に一度、十年ほど定点観測をしている。昔銅山で働いていた人たちの住んだ建物がこの周辺にたくさんあるが、今はほとんど誰もいない。この写真の奥の方に見えるのは組合の生協だった建物で、だいぶ前に閉鎖した。朽ち始めている。

« 見えないけれど聞こえる | トップページ | 文化 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 見えないけれど聞こえる | トップページ | 文化 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 住まい・インテリア
  • 心と体
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
無料ブログはココログ
フォト

ウェブページ