« 『谷崎潤一郎随筆集』(岩波文庫) | トップページ | 初めて身内に »

2022年7月23日 (土)

只見線

 昨晩のNHKの『新日本風土記』は『只見線』だった。新潟県の小出と福島県の会津若松を結ぶこの線が全通したのは1971年の10月である。このとき私は大学三年生で、朝日新聞の日曜版に載っていた只見線全通のニュースと美しい風景の中を走る列車の写真に目を奪われた。そして翌週だったか翌々週だったかに米沢から新潟廻りで新津、そして小出まで行き、只見線に乗った。

 

 あいにく当日は冷たい雨が降っていて、美しい景色と言うより寂しい景色であった。途中下車して田子倉ダムを歩き、只見駅で散策し、会津若松から郡山へでて米沢に帰った。只見線というとついそのころのことを思い出す。2011年の豪雨で壊滅的な被害を受けた只見線も、ようやく今年再び全線開通するそうだ。また再び私も只見線に乗ってみたい。それまで赤字路線の只見線が存続することを願っている。

Img745

新潟側の只見線出発地小出。

Img752

田子倉にて。線路は出来たばかりの只見線。

Img755

この頃はまだ痩せていた私。

Img772

ダム湖。とにかく寒かった。

Img776

只見の駅前にて。

« 『谷崎潤一郎随筆集』(岩波文庫) | トップページ | 初めて身内に »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『谷崎潤一郎随筆集』(岩波文庫) | トップページ | 初めて身内に »

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 住まい・インテリア
  • 心と体
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
無料ブログはココログ

ウェブページ