« 平家物語 | トップページ | まだ増えている »

2022年8月10日 (水)

『小川洋子の陶酔短編箱』

 小川洋子が選び、それぞれに彼女の短いエッセイを添付した、奇妙な味わいの短編集。森鴎外や梶井基次郎があり、小池真理子や川上弘美がある。娯楽小説に集中できなくなっているが、こういうものならどんどん読める。『小川洋子の偏愛短編箱』に続くものらしいが、そちらは未読。

 

 小川洋子は1962年、岡山県生まれの芥川賞受賞作家。彼女の原作をもとにした『博士の愛した数式』という映画で彼女のことを知り、いくつか短編を読んだことはあるが、まとめて読んだことはない。

 

 川上弘美の『河童玉』、武田泰淳の『雀』などが特に印象に残った。井伏鱒二の『鯉』はかねがね安岡章太郎が絶賛していて一度読んだことがあるが、著者が改稿を繰り返しているという。少し短い気がしたので、最後のものかもしれない。

 

 起承転結が短編小説の基本だが、そんな基本を外したものも多い。ただ、どれも読んだ後に奇妙な後味を残すものばかりだ。

« 平家物語 | トップページ | まだ増えている »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 平家物語 | トップページ | まだ増えている »

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 住まい・インテリア
  • 心と体
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
無料ブログはココログ

ウェブページ