« 信じられない | トップページ | 『小川洋子の陶酔短編箱』 »

2022年8月10日 (水)

平家物語

 昨日から、NHKで人形劇の「平家物語」の再放送が始まった。むかし断片的に観たことかあるが、全部見たかったものだ。人形劇というのは実物の俳優によるものやアニメ以上にとラマを面白く見せてくれるのでわたしは好きである。早朝に一日二回、先ほど四回分をつづけて観た。面白いし、知らなかったことを教えてくれもするのでありがたい。ただし、これは吉川英治の原作だから、そのへんは多少知っておく必要はある。

 

 源氏物語を古典の全集で求めてわざわざ読もうと思うほどのことはないが、それよりも「太平記」は一度チャレンジしたいと思っている。よくその時代のことを知らないのだ。あの「ときに范蠡なきにしもあらず」の部分を読んでみたいのだ。

« 信じられない | トップページ | 『小川洋子の陶酔短編箱』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

 面白いものを見つけて何より、祝福致したい。
人間日常に1っや2っ楽しみなものや面白いものを持ってないと艶が無くなり枯れが
酷くなる。毎週火曜BSだが「やまと尼寺精進日記」と毎朝「芋たこなんきん」を録画して
見ている。笑いもあるから実に楽しい・・・。゚(*゚´∀`゚)゚ノ彡☆

こんにちは
NHK人形劇は『三国志』も見応えありますね。私はこれで三国志が好きになりました。
『平家物語』も吉川英治のものから岩波の古典全集ものまで一通り読みました。日本人の無常観というのを表現したものでしょう。
ともすればキリスト教的世界観などでは物事は永遠に続く、と思われていますが、日本人の無常観は「終わりは必ずある。ものは移りゆくものだ」という世界観ですね。宇宙の力学を考えればこちらの方がよりあっていると思います。
では、
shinzei拝

虹の囁き様
子どものとき、初めてテレビが家に来たあと、毎週の「ララミー牧場」を観るのが楽しみで、日々が輝いていたのを思いだしました。

shinzei様
人形劇の「三国志」も断片的にしか観ていません。
出来れば再放送してほしいものです。
確かにキリスト教的価値観とは違うものがありますね。
だからわかりやすいし、感情移入しやすいのかもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 信じられない | トップページ | 『小川洋子の陶酔短編箱』 »

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 住まい・インテリア
  • 心と体
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
無料ブログはココログ

ウェブページ