« 原理主義 | トップページ | 読了 »

2022年9月 3日 (土)

夢中で再読中

 宮本輝の『田園発 港行き自転車』上・下巻を読み直し始めたら夢中になってしまって、読みかけの本をすべて放り出して読んでいる。昨日は上巻の半分ほどを読み終えたところで眼がギブアップしたので打ち止めにして、午前中にようやく残りを読了した。午後には下巻を読む。

 

 宮本輝は、人の縁というもの、不思議な関係の連鎖というものを描くのが巧みで、ついその世界にはまってしまう。登場人物について、こんな好い人いないよ、と批判する人もいるかもしれないが、私は営業という仕事をしてきたのでいろいろ嫌な人とも付き合うこともあったけれど、人が思うほど嫌な人というのは少なくて、好い人の方が圧倒的に多い。嫌な人が目立つからそういう人ばかりに見えるのであって、好い人は目立たないから少なく感じて悲観的になるだけなのだ。

 

 この本は2015年にたぶん店頭に出てすぐに購入して読んだ。それを今度訪れた富山や魚津、黒部が舞台だということで読み直したのだが、初読と同様かそれ以上に感動しながら読んでいる。各地名が自分の走り回ったところであり、そして走り回ろうと思っていたところなので、臨場感があるのだ。

« 原理主義 | トップページ | 読了 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
あ〜やはり又読み始められたのですね!
訪れた場所が出て尚、一層興味深い事と思います。
私も手元に上下巻、置いてあるのですが?

マコママ様
読み終わりました。
魚津は好きなところで三回ほど泊まっています。
今度は海岸を走り回り、むかしの愛本橋のレプリカと、現在の愛本橋を見に行こうと思います。
出来れば橋から扇状地を見直そうと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 原理主義 | トップページ | 読了 »

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 住まい・インテリア
  • 心と体
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
無料ブログはココログ

ウェブページ