« 器が小さい | トップページ | 神通峡 »

2022年9月13日 (火)

公共工事

 昨日、移動に時間がかかり、予定が狂った理由の一つが、とにかく道路工事の多いことだ。工事で片側一車線が通行止めで片側交互通行の場所が頻出する。交通量がそれほど多くない道が多かったとはいえ、たくさんあれば予定外の時間を食う。経済振興のために公共工事を盛んに行うという旧来の政策は、ちっとも廃れていなくて、かえって盛んであるように見える。よほど各方面に旨味があるのだろうなあ、と拝察する。

 

 もちろん必要な工事もあるだろう。使用限界の来ている道路や橋やトンネルはたくさんあるらしい。問題はそれらの緊急度と実際に行われている工事で、きちんと優先順位が考慮されているのかどうか疑わしいことだ。旨味のほうが優先されていないかと疑うのは過去そういう話を聞かされつづけてきたからだ。

 

 東海北陸道は片側一車線だったが、どんどん片側二車線になっていって、たいへん走りやすくなってありがたい。トンネルの多い道だから工事はたいへんだろうと思う。しかしいつも利用しながら思うのだが、工事の終わったはずの道なのに、この道路のトンネルのメンテナンスなどにより、二車線のはずが一車線である場所が常にたくさんある。まだ工事が終わって新しいのに、なんでこんなにいつもいつも工事をしているのかと思う。まともに二車線でずっと走れたことがない。道路がある限りここで工事で稼ぎつづけている会社があるのではないか、などと勘ぐっている。工事の理由を問えば、明快な答えは返ってくるだろうけれど・・・。

 

 そういえば東日本大震災のときに巨額の復興予算がつけられた。あのときに沖縄の道路工事の予算も復興予算が使われた、などという話があったと記憶する。東日本大震災の復興予算が沖縄で使われたくらいだから、全国でどれほどそういう事例があったのか、想像するだけでも恐ろしい。甘いものにアリがたかるように、ぶんどり合戦するさまが目に浮かぶようだ。

 

 そういえば予算に大ナタを揮い、消費税の2%、3%分くらいはすぐにひねり出してみせると豪語していた民主党の尖兵だった舌鋒鋭い蓮舫氏がひねり出した、削ることが可能だったという予算額はいかほどだったのだろうか。確か数百億とか数千億であったような記憶がある。挙げ句の果てに「一番でなければダメなんですか」という名言(迷言)だけが残された。たぶん政権与党の民主党と蓮舫氏の顔を立てて削って見せた予算も、翌年には必要だからと復活しているにちがいない。それを検証したという話を寡聞にして知らない。一千億でも継続すれば十年で一兆円だったかもしれないが、その場限りで終わりである。

 

 道路工事にイラつきながら、ついこんなことを考えていた。事実かどうか知らない。巷間よく言われることをそうかもしれないと思っているだけである。

 

 それにしてもリニア新幹線は・・・。きりがないからやめにする。

« 器が小さい | トップページ | 神通峡 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 器が小さい | トップページ | 神通峡 »

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 住まい・インテリア
  • 心と体
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
無料ブログはココログ

ウェブページ