« 認識の大きな隔たり | トップページ | 立ったまま »

2022年9月30日 (金)

謝罪だけですむことなのか

 J-CASTニュースが、安倍元首相の国葬の祭壇がハリボテに見えた、祭壇の写真はトリックアートのようだった、と指摘されていると報じた。そういう声があったという言い方で、自分の言いたいことを報道するやり方は、ネットニュースでしばしば見る。最近はメジャーのメディアまでそれを真似する。そのことに何の恥ずかしさも感じないらしい。

 

 経費を切り詰めれば祭壇もハリボテにならざるを得ないだろう、と想像させるが、実物を見ていないので、わからない。それをことさら報じることの意味もわからない。

 

 テレビ朝日の「羽鳥慎一モーニングショー」のレギュラーコメンテーター、玉川徹氏が「菅氏の弔辞」について述べたコメントについて「事実ではありませんでした」と述べて謝罪したそうだ。芸能リポーターにしか見えないこの人が嫌いでこの番組は見ない。だから実際の発言は見ていないが、とんでもないことを言ったようだ。

 

 安倍元首相の国葬で、盟友であった菅元首相が弔辞を読んだ。その弔辞に安部夫人もハンカチで涙を拭っていたし、会場にはその弔辞に胸をうたれた人が多いように見受けられた。私もそうである。二人の関係はだれもが知ることで、菅氏が語った言葉は、心からのものと聞こえた。

 

 その弔辞が「一番胸に刺さった」と羽鳥アナが言ったのに対して、玉川徹氏は「これこそ、国葬の政治的意図だと思うんですよね」とコメントした。つづけて「僕は演出側の人間ですからね。テレビのディレクターをやってきましたから、それは、そういう風に作りますよ。とうぜんながら、政治的意図がにおわないように制作者として考えますよ。当然、電通入ってますからね」と述べたそうだ。

 

 それに対して、ネットでは「玉川さんのコメントですっきりした」「玉川さんに100%同意する」などの意見が寄せられたそうだ。

 

 菅氏の弔辞に感動したという羽鳥アナに対して、「電通の演出だ」と述べたことは、弔辞そのものも電通が作成したものだ、という憶測を呼ぶような物言いだったとして問題になったようだ。

 

 今回の国葬に電通が入っているという玉川徹氏の発言は、事実だったのか。そんな事実はなかった。「私が安倍元首相の国葬に電通が関与しているという風にコメントしたんですけれども、この発言は事実ではありませんでした。さらに、電通は全く関わっていないということが分かりました」と、事実誤認による発言だったことを玉川徹氏が認めて謝罪したそうだ。

 

 事実誤認というのは勘違い、ということである。しかしこの場合、事実ではないことを自分の想像で語ったのであって、勘違いではなく、嘘をついたということである。そう思いたい人に向かって「なるほどやっぱりそうだったのか」と思わせるような嘘をついたのである。案の定そう思った人が少なからずいた。

 

 謝罪ですむことかどうか、これからどうなるのか知りたい。テレビ朝日は不問に付すのだろうか。事実無根の嘘をつくようなジャーナリストはこのままコメンテーターをつづけるつもりなのだろうか。

« 認識の大きな隔たり | トップページ | 立ったまま »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 認識の大きな隔たり | トップページ | 立ったまま »

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 住まい・インテリア
  • 心と体
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
無料ブログはココログ

ウェブページ