« 朝 | トップページ | 西郷隆盛の仁 »

2022年9月24日 (土)

後悔しても

 高野悦子『黒竜江の旅』という本を一ページ一ページ味わいながら読んでいる。中から引用しようとすると、すべて引用したくなるほど内容は濃くて素晴らしい。ふいにこの本を父に読ませたかったと思う。

 

たとえば吉林にて

 

「吉林の松花江は冬でも凍らない。そのために有名な”吉林の奇観”が生まれる。豊満ダムのタービンで暖流となった松花江が市内を流れ、外気の寒さに触れて、立ちのぼる水蒸気が河畔の木々にふれて凍り付き、銀白色の樹氷をつくり出すのである。それは壮麗な風景だと、父からよく聞かされていた。いま私が眺める風景は夏である。これが一面の白銀におおわれ、木々が樹氷と化したらどんなにすばらしいだろう。しばし立ち去りがたいひとときであった。」

 

 父は語学の専門学校の卒業旅行に、友人と中国、満州、モンゴルを旅行した。そのときに出会った満鉄の人に勧められて、卒業後に満鉄の関連の会社に入った。そして終戦後に帰るまで中国で生活した。半分は招集によっての従軍生活だったらしいが。

 

 父がどんな名前の会社に入り、どこにいたのか、聞いていないので知らない。かろうじて聞いたのは、山西省や河北省のあたりの戦場にいたということだけだ。それと仕事で西安の街を訪ねたことがあって、とても美しいと思った、ということだけだ。どうしてもっといろいろ聞いておかなかったのだろう。父が話さなかったのではなく、私が聞こうとしなかったのだ。後悔しても仕方がないが、取り返しのつかないことであった。

 

 私は、父よりは子供たちに自分のことを話した。しばしば自分を美化して話した。正直に話そうと思ってもついそうなる。息子や娘がそれを聞いてどう思い、どう父親像を形成しているか知らない。そう思いながら、父は私をどう見ていたのか、そのことを考える。

« 朝 | トップページ | 西郷隆盛の仁 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 朝 | トップページ | 西郷隆盛の仁 »

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 住まい・インテリア
  • 心と体
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
無料ブログはココログ

ウェブページ