« 平湯大滝 | トップページ | ナチス共犯者 »

2022年10月21日 (金)

神岡城

Dsc_8079

最終日、宿を引き払い、帰路についたのだが、弟夫婦と妹はこの日のうちに千葉に帰るというのに、もっとどこかに寄っていこうという。そこで高山に向かわず、やがて神通川となる高原川沿いに国道471号線を神岡へ向かう。神岡の道の駅でスーパーカミオカンデについてちょっと勉強してから神岡城を見に行く。

Dsc_8080

コンクリート製の天守に登り、神岡の街を見下ろす。神岡は神岡鉱山により栄えた。銅山である。高原川が下る先の禿山が銅山の残したもの。

Dsc_8082

神岡の街。

Dsc_8081

銅山はすでに採掘を終え、いまは細々と輸入鉱石の精錬のみ行っていると以前鉱山の資料館で聞いた。

Dsc_8083

遙か彼方に立達磨が見えた。珍しいけれどどうして立っているのか知らない。

Dsc_8094

神岡城の隣に松葉家の旧宅が移築されている。かやぶきの屋根を銅板でおおっている。

Dsc_8084

邸内の様子。囲炉裏が切ってある。

Dsc_8090

大昔の電話。

Dsc_8091

木の槌は砧を打つものだろうか。

Dsc_8097

大八車が車輪をはずして外壁に立てかけてある。よく見かける光景だが絵になる。

Dsc_8099

赤いポストも絵になる。

Dsc_8095

つくばい。

この日は何か催し物があるらしく、神岡城見学は無料だった。

このあと41号線で髙山方向へ向かってもう一カ所立ち寄る。

« 平湯大滝 | トップページ | ナチス共犯者 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

旅は良いですね。
御兄弟での旅は羨ましいです。

今日 再度コメントを書きましたら・・・送れそうです。
ご心配とご足労をおかけしました。
何もしないのに、時々「海外からのコメントは・・・」となっています。
これからも宜しくお願い致します。

マーチャン様
コメント、ちゃんといただけました。
ありがどうございます。
こちらこそ引き続きよろしくお願いします。
ちょっと遠出をしただけで疲れが残るようになりました。
今週は休養です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 平湯大滝 | トップページ | ナチス共犯者 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 住まい・インテリア
  • 心と体
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
無料ブログはココログ

ウェブページ