« 神岡城 | トップページ | 菅沼集落 »

2022年10月21日 (金)

ナチス共犯者

 ロシア外務省のザハロワ情報局長が、第二死世界大戦中の日本は「太平洋におけるナチスの主な共犯者だ」と指摘した。「軍国主義の犯罪の責任を完全に認める必要」がある、と注文したそうだ。

 

 日本がナチスドイツと同盟を結んでいたことは事実であり、戦争犯罪もあったことは事実で、日本は国際裁判により断罪されている。ドイツも同様である。日本は占領軍の支配下に置かれ、国家は事実上一度消滅した。日本は戦争に負けたことで一度滅びたのである。

 

 敗戦国の戦争犯罪を裁いた国の代表がいまの国連の常任理事国で、彼らも空襲や原爆投下によって民間人を大量虐殺した事実があるが、それは戦争犯罪として裁かれてはいない。

 

 日本人はあの愚かな戦争は軍部や政治家がしたことだと言われてそう思い込み、自分たちの責任を感じないで戦後の復興と繁栄を生きてきた。しかし戦争を賛美して煽った朝日新聞などのマスコミに乗せられて、戦勝の報告に狂喜していたのは日本国民だった。いまのロシア人を非難など出来ようか。そうして、戦後は、羮に懲りて膾を吹くように、戦争に関連する歴史を封印した。

 

 だから反省しようにも歴史を知らないまま若者達は育った。教えられたのはその残虐さだけで、どうして戦争が起きたのか、どうして愚かな戦争を起こしてしまったのか、全く考えることをしてこなかった。知らないことを考えることはできない。それなら知ろうと努めるのがあたりまえだと思うが、知らないまま平然と生きてきた。

 

 ザハロワ情報局長は「ナチスの共犯者」だと言ったが、日本はナチスドイツの同盟国であって、ナチスのジェノサイドに加担したわけではない。共犯者というのは意図的な言葉のすり替えである。

 

 いまロシアが行っていることは、占領地での民間人の意図的な拷問と虐殺であり、ある意味でナチスに似たようなジェノサイドだという見方も出来る。昔ロシアはナチスドイツの侵略に多くの国民を犠牲にした被害国だとされた。被害国という勲章を付けると永遠に被害国なのか?加害者になっても免罪されるというのか。過去の加害者を批判すれば、血で汚れた自分の手がきれいになるというのか。

 

 お前は加害者だったことがあるのだから永遠に黙れ、とザハロワは言ったのである。韓国もそう言うだろう、北朝鮮も中国もそう言うだろう。そう言われたときに日本人は永遠に畏れいらなければならないのか。朝日新聞ならそうだ、というだろう。日本が他国に任せて自らの戦争責任をさばかなかったツケがいまだに残っている。

« 神岡城 | トップページ | 菅沼集落 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神岡城 | トップページ | 菅沼集落 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 住まい・インテリア
  • 心と体
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
無料ブログはココログ

ウェブページ