« 残忍な親心 | トップページ | 韓国の圧死事故 »

2022年11月 1日 (火)

パパママ

 私が子供だった時代、親をパパママなどと呼ぶ友だちはほとんどいなかった。あるちょっとした金持ちの女の子だけがパパママというのでみんなはおかしがった。たいてい父ちゃん母ちゃん、お父さんお母さんで、私や弟はお父ちゃんお母ちゃんと呼んだ。先日、兄弟で旅行したときも、両親のことを話すときはそう呼んでいた。私の息子や娘はお父さんお母さんと呼ぶし、弟や妹の子供たちもみなそうで、パパママなどとは呼ばない。

 

 その弟の息子や娘の子、つまり弟の孫たちはみなパパママと呼ぶ。いま、親をパパママと呼ばない子供はどれほどいるのか。そう呼ばない子は珍しいのではないか。妻の兄や姉の家ではすでにパパママだった。だから私が親になったころは、お父さんお母さんとパパママが混在し、パパママが主流に変わっていった時代だったようだ。

 

 パパママと最初から呼んで育った子供にとって、親はパパママであって、それ以外のものではない。それでもわずかに人前でいうのはなんとなく言いにくく、父母(ちちはは)かお父さんお母さんと言い換えているように思うがどうだろう。もう言い換えすらしないのか。

 

 娘のどん姫は子どものときにクレヨンしんちゃんが乗り移り、ずいぶん大きくなるまで私に呼びかけるときはとっつぁんなどと言った。聞き慣れてしまうと私もそれに違和感がなくなった。彼女なりの照れだったのだろう。いまはもちろんお父さんと呼ぶ。

 

 呼び名は良いとか悪いとかいうことではないけれど、言葉が人に影響を与えることは事実であって、親の呼び名が変わった時代と時代の精神が連動しているような気がするのは考えすぎか。価値観も変わったのではないか。そういう統計的社会学的研究はないのだろうか。

« 残忍な親心 | トップページ | 韓国の圧死事故 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
今日も沢山のいいね!を有り難うございました。

私も両親への呼び方はお父さん、お母さんでした!
私達は残念ながら子供に恵まれず、
わんこを飼いだしてから、パパ、ママになりました!
ですからね?私は今でもマコママなのですよ。
マコはとっくに旅立ち、夫と仲良き暮らして
いると思います。

マコママ様
呼び名は時代とともに変わるものなのでしょうね。
自分が正しいと思っているわけではありませんが、あまりに歴然と変わってしまったことにあらためて気がついて驚いたということです。
いまはお父さんお母さん、などというと友だちに笑われるのかなあ。

我が家の娘2人・・・パパ・ママで育てました。
初めて言葉を教える時に子供が言いやすいからです。
成長してからは自然に「お父さん・お母さん」。
恥ずかしながら・・・現在、夫婦で「パパ・ママ。」と相手を呼んでいます。

マーチャン様
たしかに呼びやすいですからね。
慣れればどうということはない話です。
私は甥や姪がその子供たちにパパママと呼ばれていることに違和感を感じることはありません。
世の中がそうなったのだなと思うばかりです。
ただ、そのこどもたちに彼らの親である甥や姪のことを話すときは、パパママと呼ぶことはありません。
子供もちゃんとわかっています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 残忍な親心 | トップページ | 韓国の圧死事故 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 住まい・インテリア
  • 心と体
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
無料ブログはココログ

ウェブページ