« 映画を観る | トップページ | 欲しいものと必要なもの(1) »

2022年10月23日 (日)

恐ろしいものを見せられた

 昨日閉幕した中国共産党大会で、習近平の隣に座っていた胡錦濤が引きずられるように連れ去られる様子を見た。胡錦濤は事態を理解できず、机にしがみつかんばかりだったが、抗することはかなわず、引きずられていった。習近平は顔を背けてみて見ぬふりだった。もちろん彼の指示によるものだろう。自分の前政権をになった人物を脇に座らせ、それを連行する様子を中国中に見せつけた。

 

 昨日李克強首相が引退することについて書いたが、彼は胡錦濤派と言われる。これも公然たる胡錦濤派の粛清なのだろう。それにしても胡錦濤は当時は紳士的なノーブルな顔立ちだったが、衰え果てた老人の姿であったのが痛ましかった。彼が政権交代したとき、裸退と呼ばれた。引退しても権力の一部を掌握して保身を図るのが普通なのに(江沢民を観ればよくわかる)、すべてを放棄して引退したからだ。彼の取り巻きはほとんど政治的に実権を失っていった。最後のひとりが李克強だったのだと思う。

 

 何度も書いているが、胡錦濤が権力を完全に失墜したのは、政権末期の日本政府による尖閣国有化が大きいと思っている。胡錦濤は野田首相に国有化は少し待ってくれ、と抱きつかんばかりにして懇請していた。胡錦濤は日本に弱腰だとして、その責任を問われて習近平にとことん権力を奪われる結果になった。日本にとって、そして世界にとって胡錦濤の方がまだましだったと思えるから、彼が失権したのは大きなマイナスだったことはいまの中国を見ればわかる。先日、元野田首相が当時のことを回想して語っていたが、いまだにその自覚のないことが私には驚きだった。

 

 中国はこれから経済的に困難な時期を迎える可能性が高いとされる。人口も急激に減少し始める。生活が苦しくなれば政権批判が起こりえるが、それをとことん弾圧するためのすべての手はずを整えたようである。これからの中国は今まで以上に恐ろしい国になる気がする。

« 映画を観る | トップページ | 欲しいものと必要なもの(1) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます
最近の中国を見ていると、まあ「中国崩壊論者」も言い続けていれば多少は当たるな、と思っている今日この頃です。聞けば最近中国はコロナ禍をゼロコロナ政策で乗り切ろうとして結果として経済を冷やしています。中国人は面子を大事にしますから、今更政策を変えると言うことが面子に反すると思っているのだから出来ないのでしょう。
さて、この肥大し尽くして恥も外聞もかなぐり捨てた13億の暴走豚を擁するこの中国がどうなるかは日本も気が気ではないでしょう。
では、
shinzei拝

shinzei様
夕方にでも毛沢東と習近平について書こうかと考えています。
それにしてもカリスマも実績もない習近平がこれほど強権を握ってしまったのはなぜなのかと不思議です。

こんにちは
まあ、あのヒトラーも最初はカリスマも実績もない人物と見られていたそうですから、習近平氏が権力を握ってもそう不思議ではないでしょう。
ただ、独裁制の悲劇は、トップが間違ったことをしても修正が効きづらく、最悪の方向に行くことが多いことです。ヒトラーもそのようにしてあの破局的な戦争を惹起しました。恐らく習近平氏も同じ轍をかなりの可能性で踏むだとろうと思います。
では、
shinzei拝

shinzei様
私もそう思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画を観る | トップページ | 欲しいものと必要なもの(1) »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 住まい・インテリア
  • 心と体
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
無料ブログはココログ

ウェブページ