« 気比神宮(2) | トップページ | 水晶浜 »

2022年11月12日 (土)

気比の松原と色浜

Dsc_8231

気比の松原は思った以上に広い。松の古い巨木も見られる。昔来たときとは風景がちがっているのだが、車を駐めた場所がちがうのだろうか。ここも芭蕉が句に詠んだはずだし、古来歌にも詠まれたところだったと思う。思う、というのは記憶が定かでないし、資料で調べてもいないからだ。

Dsc_8232

敦賀湾を左手から囲むのは敦賀半島。敦賀半島には原発があり、再稼働でいろいろもめているようだ。先端部には高速増殖炉のもんじゅがあるが、廃炉になった。その手前に水晶浜というきれいな浜辺があって、子供が小さいころ、この浜近くの民宿に泊まり、泳いだことがある。

Dsc_8234

右手には敦賀港。手前の人は投げ釣りでもしているのだろうか。若いころは投げ釣りをよくしたものだ。こんなのも好いなあ。

Dsc_8236

こういう巨木が見られるのだが、松枯れが起きているようだ。いつまでこの風景は持つのだろうか。

気比の松原から敦賀半島を横切って、なつかしい水晶浜を見に行くことにした。

半島左岸を走り出したら、「色浜」の標識がある。かなり先の方になるようだが、行って見ることにした。「色浜」は『奥の細道』に詠まれている。実際に芭蕉が色浜まで行ったのか、話に聞いたのか記憶が定かではない。わざわざ言及したのだから何かあるかもしれない。

Dsc_8239

かなり急な細い道を通って色浜に到着。海は澄んで青く、まことに美しい。しばらくぼんやり見とれていた。

Dsc_8241

のどかである。

Dsc_8242

前方に砂浜の島がある。絵になる。その向こうは越前海岸か。

Dsc_8244

イカ釣りの舟だろうか。色浜を確認して、水晶浜に向かう。残念ながら芭蕉に関連するものは見つけられなかった。あるけど気づかなかったのか、もともとないのかわからない。

« 気比神宮(2) | トップページ | 水晶浜 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 気比神宮(2) | トップページ | 水晶浜 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 住まい・インテリア
  • 心と体
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
無料ブログはココログ

ウェブページ