« ななめ読み | トップページ | 大体こんなものか »

2022年12月30日 (金)

うまい酒

 昨晩は娘と二人で鍋を囲んで歓談した。娘は正月用の酒として三河の酒、蓬莱泉の酒蔵の大吟醸「花野の里」、「空」、そして宮城県の酒・浦霞の「禅」の三本をぶら下げてやってきた。重いのにご苦労様である。亭主と二人で選んでくれたそうだ。亭主が仕事の終わった夜に迎えに来るまでゆっくりできるというので二人で鍋でもしようということになり、寄せ鍋をした。やはり鍋は話し相手があって食べるのがうまい。

 亭主は電気工事の仕事をしていて、ふつうは工場などの建屋内の仕事が多いのだが、たまたま戸外の仕事が重なり、喘息気味で体調不良だという。だからいま酒を控えているし、年末から正月が却って忙しい仕事なので、大変なのである。熊のような(娘のどん姫の形容)いかにも頑丈な体つきで柔道の猛者なのだが、案外病気しやすいようで心配だ。そのうえどん姫も、持病になってしまった潰瘍性大腸炎がこのところ再びぶり返しているので、あんまりたくさん食べられないし酒もあまり飲めないという。

 正月にはならないけれど、飲んだことのない「花野の里」をいただくことにした。一口だけ、といってどん姫は口をつけた。フルーティでしかもさっぱりしたとても飲みやすいうまい酒で、私がすいすい飲むのにつられて杯をちょっと重ねていた。娘とは中学生の終わりから長い間あまり口を利かなかったけれど、二十代の半ば過ぎからはずいぶん話をするようになった。その娘はうさぎ歳生まれだから、来年は年女である。全然実感がないなあ、などと笑っていた。

 迎えに来たどん姫の亭主は想像よりは元気で、「だいぶ体調は戻りましたが、例年通りしばらく忙しいのでしばらく自重します」とのこと。お酒のお礼を言う。「ごちそうさま、正月にお兄ちゃんのいるときにまた来ます」と二人で仲良く帰っていった。

« ななめ読み | トップページ | 大体こんなものか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ななめ読み | トップページ | 大体こんなものか »

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 住まい・インテリア
  • 心と体
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
無料ブログはココログ

ウェブページ