« 平湯から湯田中 | トップページ | 諏訪大社 »

2022年12月15日 (木)

温泉宿について

先ほど無事自宅に到着した。

Dsc_8454

諏訪大社、神楽殿。

あさゆっくりしてから湯田中温泉を出発。直接帰るのももったいないので、久しぶりに諏訪湖に立ち寄ることにした。一つ思いついた目的地がある。諏訪大社の中か、近くに赤報隊の相楽総三の碑があるはずなので、それを探そうと思った。その結果は明日報告する。

温泉宿には連泊するべきであると実感した。連泊しないと温泉でゆっくりしたことにならない。ゆっくりする間の一日こそが癒しである。

いい宿とは何か、ぼんやり考えた。ありきたりだが、客がまた行きたくなる宿だろう。いい客というのもあるだろう。宿が心を砕いていることにちゃんと気づく客だ。百点満点の宿などというものは願ってもなかなか出会えないが、また行きたくなる宿はいくつかある。そういう宿は居心地がいい。今回の宿は・・・合格ではあるがちょっと薄っぺらかったかな。また行きたいというほどでもないし、誰かを連れていきたいほどでもない。でもほとんど満室で混んでいた。

« 平湯から湯田中 | トップページ | 諏訪大社 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 平湯から湯田中 | トップページ | 諏訪大社 »

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 住まい・インテリア
  • 心と体
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
無料ブログはココログ

ウェブページ