« 権利と自由と公共の福祉 | トップページ | ホラードラマを観る »

2022年12月 3日 (土)

補助線

 花巻の宮沢賢治記念館を三回ほど訪ねている。最初は母に勧められた。母は、友人と訪ねて好かったからお前も行って見ろ、と言った。私が宮沢賢治が好きなことを知っていたからだ。少し前に記念館もリニューアルされて、ちょっとこぎれいになっている。

 

 宮沢賢治が書いた童話や詩を、どうしてこのような発想をしたのか、そのイメージにはどんな背景があるのか、知りたいと思っていたが、録画してあったNHKのドキュメントでその答えが呈示されているのを観た。

 

 幾何学を解くときに補助線を引くと氷解することがある。呈示されていたのは、岩手高等農林学校時代に親友となった、山梨出身の保阪嘉内との関係である。宮沢賢治の年譜で承知していたけれど、ここまで深く影響していたのを始めて知った。彼を補助線として、宮沢賢治の作品が詳細に分析される。

 

 こうして始めて『風の又三郎』や『銀河鉄道の夜』の世界の表す意味が多少わかった。

 

 宮沢賢治は生涯独身だった。親友への過剰な思い入れを観て、そこに同性愛的な傾向を読み取ることは可能かもしれないが、性愛的なものはなかったように思う。妹トシへの深い愛情を観ても、もともとそういう情の深い人物なのだと思う。妹トシも補助線の一人であることはたしかで、『永訣の朝』という詩は何度読んでも胸が熱くなる。「あめゆじゅとてちてけんじゃ」というフレーズの意味を理解したとき、それが頭から離れなくなる。

 

 もう一度宮沢賢治の詩や童話を読んでみようかと思う。

« 権利と自由と公共の福祉 | トップページ | ホラードラマを観る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 権利と自由と公共の福祉 | トップページ | ホラードラマを観る »

2023年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 住まい・インテリア
  • 心と体
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
無料ブログはココログ

ウェブページ