« 基準のあまりの違い | トップページ | 塩だけ »

2022年12月21日 (水)

反撃能力

 反撃能力とは攻撃能力のことである。ただし、だからといって専守防衛なのだから攻撃能力を持つのは専守防衛を逸脱している、という非難はおかしい。防衛のためには反撃能力が必要なことは言うまでもないからだ。ただし、防衛のための攻撃能力であるから、他国に撃って出て侵略するためにする攻撃は日本国憲法によって許されていない。そこはかなり明確であって、日本が他国を侵略するために武力を増強するのだと信じたり疑ったりするのは、中国やロシアや北朝鮮と、一部の日本人だけであろう。なんでも疑うのは悪いことではないが、決めつけるのは問題がある。もし逸脱が明らかになったら、今の日本国民はこぞって反対するはずだ。そう思いたい。

 北朝鮮の金与生が青筋立てて日本が侵略しようとしているだの、中国の外交部のおじさんが苦虫を噛み潰したような顔で、日本は過去の歴史をまた繰り返すのかと非難するのを見るのは不愉快だ。自分たちが何をしているのか棚に上げてよく言うよ、というのがまともな人の受け止め方だろう。それに向こうもそれを百も承知だろう。日本が手も足も出ない状態で彼らの言いなりなのが彼らにとって好都合なのであって、反撃能力を持つことは彼らにとって不都合だから日本を非難しているだけであることは考えるまでもない。

 戦争をしてはならないとまともな人ならだれでも知っているはずなのに、なぜ反撃能力を持たなければならないのか。そう反戦平和を唱える人によって繰り返し批判されていたけれど、その答えがウクライナにある。なるほど、と多くの国民が理解したから防衛費増額に賛成する人が多数になったのである。国を守ることと自分の生活を守るということがつながっているとようやく気が付いたわけである。でも気が付いただけよかったのである。先に中国が台湾に侵攻し、先島諸島や沖縄が中国に攻撃されてから気が付いたのでは手遅れになったことは間違いない。今でも手遅れ気味ではあるが。

« 基準のあまりの違い | トップページ | 塩だけ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 基準のあまりの違い | トップページ | 塩だけ »

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 住まい・インテリア
  • 心と体
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
無料ブログはココログ

ウェブページ