« 根無し草の悲哀 | トップページ | 出発 »

2023年3月24日 (金)

そうではなくなっていないか

 脇に山積みにした曾野綾子の本を置いて飛ばし読みしている。ということでまたまた曾野綾子の本から。

 

 人口一万人に対して必ず何人か、泥棒、交通違反、放火、アメリカなら銃の乱射といった特殊な犯罪に手を染める人びとがいるのだが、国家の中にも、あらゆる理由の下に、他国に侵入する理由を見つけるのに平気な国がある。日本人が平和を望めば他国は侵入しないというのは、「私が健康ならば、あなたも病気にならないわ」というのと同じくらい、幼稚な発想と言わねばならない。

 

 国民全体がものごとの発明や生産に興味を持たず、ただ商品を右から左に動かすことで金儲けをするか、あわよくば偽物を作って暴利をむさぼろうというような国民が多い国と較べれば、日本が進取の気性に富み、発明や工夫に興味を覚え、しかも勤勉で正直である国民性を有していることは、本当に国家的幸せの理由なのである。

 

 確かに以前はそうだったかもしれないが、どんどんそうではなくなっている気がする。損得をもとにした価値観が蔓延して、それ以外にだいじなことがあることが見えなくなっているのではないか。誰が悪いのか。自分が悪いのである。誰かのせいにすることばかりを正義と勘違いしている自分が悪いのである。

 

 世界の中で、日本はもっとも平和で安心して暮らせる国だと私は思っているが、その日本がどんどんそうでなくなっていく。私がこの世から退場するまでは、なんとかそれほどひどくならないでいて欲しいと願うばかりである。あとのことは知らない。

« 根無し草の悲哀 | トップページ | 出発 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 根無し草の悲哀 | トップページ | 出発 »

2023年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 住まい・インテリア
  • 心と体
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
無料ブログはココログ

ウェブページ