« 空費とまではいえないが | トップページ | 初めての台湾(1) »

2023年11月21日 (火)

感覚の違い

 羽生弓弦の離婚については多くの人が痛ましいことだと感じたようで、海外もそのニュースを痛ましいものとして捉えているようだ。和田アキ子がそのような捉え方に疑問を呈したとネットニュースに書かれていた。最初からこういうことになることがわかって結婚したはずで、いまさら騒がれたことを理由にするとはおかしいというのだ。

 

 離婚は当人達の問題で、他人にはうかがい知れない理由もあるだろう。しかしマスコミの報道ぶりは過剰だったように見えた。私から見ればかれらは常軌を逸している。以前から芸能リポーターは醜業だ、とこのブログにも書いてきたが、芸能人ならその醜業の徒とうまくつきあうのも仕事の内、というところもあるのだろう。和田アキ子はそのことを言っているのだろうが、羽生結弦の相手は芸能人ではないし、有名人と結婚することに多少の覚悟はあったはずだが、常識を超えた異常さには家族ともども堪えられなかったのだろうと、誰もが推察できたから痛ましいと感じたのだ。和田アキ子が羽生結弦の結婚相手だとしたら、と彼女は考えたのだろう。しかし結婚相手は和田アキ子本人ではないふつうの人なのだ。

 

 和田アキ子の想像力は芸能界という世界の内にあって、世間の常識を理解できなかったのか、またはあえて異を唱えることに自分の存在をアピールしたかったのか。彼女はときに正論を吐いてみせることで人気の一端を支えてきたが、こんかいは正論とはとても思えない。しかし思う人もいるだろう。それが芸能リポーターを支えるエネルギーで、似たようなことがつぎつぎに起こるだろうと思うと恐ろしい。

« 空費とまではいえないが | トップページ | 初めての台湾(1) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 空費とまではいえないが | トップページ | 初めての台湾(1) »

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 住まい・インテリア
  • 心と体
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
無料ブログはココログ
フォト

ウェブページ