« 郡上で踊る | トップページ | のがれられない »

2023年12月 2日 (土)

久しぶりの名古屋城

名古屋城は毎年一度や二度は訪ねるのだが、コロナ禍前に行ったのが最後で久しぶりだった。弟夫婦や妹はとうぜん私より若いから、旅の疲れも一晩寝れば取れたようで、元気である。私は北陸で土産に買ってきた原酒を飲んで飲み過ぎ、それが残っている上に、旅行ではたくさん歩いたから膝が痛くてついていくのがやっとである。

Dsc_0066_20231202111201

いま天守閣は中に入れない。木造再建計画が検討されている。合わせて石垣の積み直しが進行中である。

ちょうど10時から無料ガイドを頼めるというので、四人でお願いした。初老の男性に一時間半たっぷりガイドをしてもらった。名古屋城ではいままでガイドなどしてもらったことがないので、初めて知ったことが多かった。

Dsc_0067_20231202111201

隅櫓(すみやぐら)を前景に撮る。

Dsc_0071

広大な二の丸庭園を見る。ここには再建された本殿より大きな二の丸御殿があったがいまはない。

Dsc_0072_20231202111101

やや盛期を過ぎてはいるが紅葉が美しい。

Dsc_0074_20231202111101

石垣の説明を聞く。真ん中の石をよく見れば横に文字が刻まれている。マークや文字は担当した大名のしるしである。

Dsc_0075_20231202111101

巨大な鏡石(かがみいし)。権力の象徴。上田城(真田氏)の鏡石や大阪城の鏡石を思い出した。

Dsc_0076_20231202111101

本丸御殿。この正式の玄関からは入れない。奥の入り口から靴を脱いであがる。

Dsc_0080_20231202111101

各部屋には狩野派の絵が描かれていた。格式による絵や天井、欄間の違いなど、詳細に説明を聞いた。

以前初めて来たときは、人がごった返していて説明もなかったから、ただ眺めただけであった。

Dsc_0079_20231202111101

釘隠し。釘は平釘という平たいものである。

Dsc_0085_20231202111101

こんな釘隠しもある。こちらの方がもちろん格上。

Dsc_0082_20231202111101

廊下と部屋を隔てる襖戸の内側に描かれている絵。あたりまえだが部屋の中からしか見ることは出来ない。たまたまこの日だけ室内を見る特別な通路がしつらえてあり、見ることが出来た。ガイドの人も初めてだと感激して写真を撮っていた。

Dsc_0088_20231202111101

ここもふだんは一般公開していない部屋だそうだ。将軍の食事を毒味したあと、運ぶ前に置いておく部屋である。

Dsc_0086_20231202111101

最上級の部屋のある場所の、廊下の欄間。写真では途中で切れているが三羽の鳥がいる。

Dsc_0087_20231202111101

同じ欄間の反対側。こちらには五羽の鳥がいる。一枚の板の両側を掘ってあるのだ。

長い説明と足元の冷えでトイレに行きたくなるし、座りたくなって困った。ようやく外へ出て、天守閣の説明を聞いてガイドは終了。ありがとうございました。

Dsc_0090_20231202111001

最後に天守閣と金のしゃちほこ。

このあと将軍が来たときに使う湯殿などの建物の内部を見学して、城内のきしめん屋で昼食を摂り、帰宅した。思ったより時間を食ったので、あまりゆっくりもせずにみな千葉へ帰っていった。

次は春にどこかへ行こう。

夜、「無事についたよ」、と妹、そして弟のそれぞれから電話があった。

お疲れ様でした。これにて今回の旅の報告終わり。

« 郡上で踊る | トップページ | のがれられない »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
ごきょうだいでのご旅行も無事終わり、
楽しいお時間だったと思います♡
沢山のお写真有り難うございました🙇
私が一度も訪れた事がない所ばかりで
楽しませて頂きました♡
紅葉🍁もきれいでしたね♡
名古屋城は昔、夫と訪れ鉄筋コンクリート造のお城に
ガッカリでした!

「愛本橋」が出て来て思わず、教えて頂いた「田園発港行き自転車」を
思い出しました!もう、殆ど内容は忘れて〜?
まだ、読んでいない宮本輝の本が積んであります。
読みましょう!

今月も宜しくお願い致します🙇

こんにちは。

名古屋城には行ったことがありますが、本丸御殿の見学はしていません。
豪華ですね。
写真だけでも凄い!!!と思います。
昔 きしめんを余り好きではなかったのですが、名古屋に行って食べましたら
美味しい。
それ以来 大好きになりました。ご当地グルメっておいしいです。
歴史的建造物を見学するときは、ガイドさんがいると、知らない事が分かり良いですね。

マコママ様
名古屋城は終戦間際に空襲によって焼失しました。
再建されたときはだからコンクリート製となりました。
河村名古屋市長が木造での再建を提唱し、その計画ができつつあります。
ただ、その木造の天守閣に障害者のためにエレベーターをつけろ、と人権団体が要求し、話が座礁しつつあります。
今回の旅ではいささか疲れましたが、回復しつつあります。

マーチャン様
本丸御殿はいちおうの再建が済んで入館できるようになって、まだ十年ほどしか経っていません。
まだ完成していない部分もあります。
見応えがありますよ。
ただとても混雑します。
きしめんは煮込みうどんと同様、店によって味にだいぶ差があります。
ガッカリすることもありますが、城内の店はまあまあです。
このごろはガイドを頼めるときにはしばしばお願いすることにしています。
結果的に大事なところを見逃さずに済みます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 郡上で踊る | トップページ | のがれられない »

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 住まい・インテリア
  • 心と体
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
無料ブログはココログ

ウェブページ