« 興味がないのに眼に入る | トップページ | お誘い »

2024年2月24日 (土)

『リプレイスメント・キラー』

 『リプレイスメント・キラー』は1998年のアメリカ映画で、主演のチョウ・ユンファのハリウッド進出第一作目の作品。

 

 香港マフィアの首領の息子が麻薬取引の現場で警察に踏み込まれ、銃撃戦の末に射殺される。父親のミスター・ウェイは復讐のために凄腕のスナイパーであるジョン・リーを呼び寄せる。しかしその復讐のターゲットをスコープに捉えながらジョンは引き鉄を引くことができなかった。命令を拒否したことになったジョンは自分自身だけではなく、自分の家族も危険にさらされることを覚悟する。なぜ引き鉄を引かなかったのは重要なポイントで、後で理由が明かされる。

 

 ここからジョンと香港マフィア、そして警察の三つ巴の壮絶な戦いが始まる。再三の襲撃を辛くも切り抜けたジョンに対し、ミスター・ウェイは凄腕の殺し屋を呼び寄せる。もはや逃げるばかりでは生き延びるすべがないこと、自分が死ねば家族も守れないことから、ジョンの反撃が開始される。

 

 暗殺者に感情移入するのは映画の世界だからこそで、それを違和感なく感じさせるには、演じる俳優が魅力的でなければならない。そういう意味でチョウ・ユンファは魅力的だ。彼を有名にしたのは『男たちの挽歌』シリーズだが、私はまだ見ていない。初めて彼の映画を見たのは『グリーン・デスティニー』という作品である。ミシェル・ヨーやチャン・ツイィーも出ていた。チャン・ツイィーを初めて見たのもこの映画だった。『グリーン・デスティニー』は2002年の映画だから、『リプレイスメント・キラー』よりも後の映画ということになる。

 

 それにしてもチョウ・ユンファの存在感は圧倒的で、高倉健に近い(私にとっては高倉健の方が上位)。ちょっと劇団ひとりに似ている気がするが、そんなことをいうとファンから怒られるかな。

« 興味がないのに眼に入る | トップページ | お誘い »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 興味がないのに眼に入る | トップページ | お誘い »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 住まい・インテリア
  • 心と体
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
無料ブログはココログ
フォト

ウェブページ