« だんだん床が | トップページ | 命がけ »

2024年3月17日 (日)

『風の峠 銀漢の賦』

 NHKの連続時代劇ドラマ『風の峠 銀漢の賦』が完結した。これは葉室麟の『銀漢の賦』を原作としたドラマだ。私の記憶する原作の結末とドラマは違うようだが、原作は読者に余韻を残し、ドラマは見る人を好い気持ちにさせる終わり方で、これでいいのではないか。銀漢とは天の川のことである。

 

 主人公を演じた中村雅俊がはまり役で、とても良かった。中村雅俊は若いころ『俺たちの旅』などの青春ドラマで出会い、同じ年頃(1951年の早生まれなので、私と同学年)なのでずいぶん感情移入して、ああいう自由な生き方、熱い生き方に憧れたものだ。その中村雅俊が不器用な、そして熱い男を演じていた。

 

 葉室麟については、九州日田の咸宜園跡を訪ねて、葉室麟の話を聞かせてもらい、彼が座敷のそこに現に座っているかのような思いをした。

 

 そんなことを思い出させてくれた、なかなか好いドラマであった。

« だんだん床が | トップページ | 命がけ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« だんだん床が | トップページ | 命がけ »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 住まい・インテリア
  • 心と体
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
無料ブログはココログ
フォト

ウェブページ