« 『平家物語』を読み進める | トップページ | 『浅茅が宿』 »

2024年3月 3日 (日)

唇が

 唇とその周りがヒリヒリする。

 

 今頃は白菜がうまい。白菜を買ったら葉先の方は塩をしてビニールの袋に入れて冷蔵庫に保存しておき、料理に使う。葉の方だから火がすぐ通るし、生のままのものよりもおいしく食べられる。下の方を塩をして漬物にする。昔は白菜の漬け物は葉の方が好きだったが、今は白いところの方が甘くてうまいと思う。唐辛子を適当に入れる。雲南の唐辛子を刻んだものが売られていて、種を取らなくても好いから便利で重宝していたが、なくなったのでまた買おうと思って、ふと一昨年田舎の道の駅で買った唐辛子の束があることを思いだした。

 

 一昨年のものだから辛みが飛んでいるかも知らないが、もったいないので使うことにした。種は取らなければ食べるときにうっとうしい。そのままバラして種を取った。そして今日漬けた白菜にそれを使った。そうして手を洗った直後に口元を触ったら、ヒリヒリとしたのだ。

 

 唐辛子は十分辛さを保っているようだ。効かないかもしれないと思って少したっぷり使ったから、もしかしたらとても辛いものを楽しめるかもしれない。この時期ならあさっての昼過ぎには漬かったものを楽しめるだろう。だいたい一度漬けたら三日あまりかけて食べ尽くす。私の好みの加減に漬かるのに丸二日だから、それを見はからいながら楽しんでいる。今年の白菜は高いけれど、出来合いのものを食べると思えば安いものだ。朝のうちにスーパーの棚に列んだばかりの、新鮮な白菜を漬ける程おいしい。この頃は塩加減をなるべく控えるように心がけている。

« 『平家物語』を読み進める | トップページ | 『浅茅が宿』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お早うございます。

今時期の白菜は本当に美味しいですね。友の中には生のままサラダにしています。
私は手抜きで・・・お湯が沸騰したら白菜を入れ、柔らかくなったらお湯から上げ、
絞らず切っておかか&ゴマをかけお醤油をかけて食べています。

マーチャン様
漬物でおいしいのですから、生でもおいしいかもしれませんね。
塩加減さえうまくいけば、塩をするだけで一層甘くなります。
押しをかけずにひとしおしてビニールの袋に入れ、冷蔵庫に入れておけば、一週間くらいは持ちます。
いろいろな料理に使えます。
炒め物などに最適です。

唇の皮膚は薄いですから今の時期傷つき易すく、唇の皮が乾燥してひとりでに傷つくことがあるとおもいます。食後は口の周りを洗い流し、男性でもリップクリームを使用された方がよろしいかと・・・。

おキヨ様
普段は平気なのですが、今回は唐辛子を触った手をよく洗わずに唇に触れたからヒリヒリしたので、時間とともに治りました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『平家物語』を読み進める | トップページ | 『浅茅が宿』 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 住まい・インテリア
  • 心と体
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
無料ブログはココログ
フォト

ウェブページ