« 『異次元が漏れる』 | トップページ | 『随唐演義 二』 »

2024年5月 4日 (土)

『リボルバー・リリー』

 映画『リボルバー・リリー』は2023年の日本映画。主演は綾瀬はるかである。何作か彼女の出ているアクションの多い映画を見たが、彼女はアクション女優としても一流だと思う。たぶん本人も好きなのではないかと思う。ただ、こういう映画ではあまりに不死身すぎるといくら何でも・・・と思ってしまう。ほどほどにして欲しいが、綾瀬はるかだからまあ好いか。

 

 この映画は日本映画にしては台詞が聴きやすかった。あまり好きではない阿部サダヲが山本五十六役で出ていたけれど、それほどひどいエキセントリックな演技がなかったので可とする。佐藤二朗が代わりにそういう過剰演技を(彼としては)ほどほどにしていたので楽しめた。

 

 なお、映画としては楽しめたのだが、その前にタランティーノの映画を見たばかりなので、そのハイテンションさと比べるとやや見劣りがしてしまうのは仕方がないところか。理由はたぶんリアリティの問題よりも間の問題のような気がする。ほんのちょっとずつ冗長な気がしてしまうのだ。俳優のレベルの違いもあるのだろうか。もっと切り詰めてほしいものだ。

« 『異次元が漏れる』 | トップページ | 『随唐演義 二』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『異次元が漏れる』 | トップページ | 『随唐演義 二』 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 住まい・インテリア
  • 心と体
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
無料ブログはココログ
フォト

ウェブページ