« 玄武洞 | トップページ | 膝が悲鳴を上げている »

2024年5月 9日 (木)

『食卓のつぶやき』

 旅のお供の一冊、池波正太郎『食卓のつぶやき』(朝日文庫)を読了した。食事の話をメインに、旅先の宿や美味しい店の話を書いている。食べ物や旅はそれに何かの出来事や親切なあしらいが伴って思い出となる。そういう話が満載の本である。この中の『二黒土星』という話が強く印象に残った。出会っていない女性について書いていて、それなのに胸を熱くさせる。これは是非読んでみて欲しい文章だ。

 

 池波正太郎の大ファンで、一時期は百五十冊ほど彼の本を棚にならべていた。いまはだいぶ処分してしまい、それでもお気に入りの五十冊ほどが残っている。彼は五十を過ぎてから縁があってフランスを中心にしたヨーロッパの旅に出かけるようになっていて、その旅や食べ物、その地の空気を感じさせる文章も収められている。彼は若いときから映画が大好きで、フランス映画もたくさん見ているから、その話も添えられていて、出会った人を俳優になぞらえたりするけれど、知らない人が多いのは残念である。

 

 これを読んでいたら、毎年海外旅行に行っていたときの私自身の旅のことがいろいろ鮮明に思い出されてなんだか涙ぐみそうになった。そのかけがえのない時間のことがどれほど自分に分かっていたのか、そういうことを強烈に思い返された。二度行くことがないだろう旅をどこまで深く受けて止めていたのだろうか。キューバでラム酒のカクテルを浴びるほど飲んで酩酊し、プールサイドの寝椅子で星空をF君と眺めながら語り合ったあの貴重な時間がどんなに宝物だったのか、そういうことがいろいろ思い出されたのだ。思い出というものを初めて知った気がした。

« 玄武洞 | トップページ | 膝が悲鳴を上げている »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 玄武洞 | トップページ | 膝が悲鳴を上げている »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 住まい・インテリア
  • 心と体
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
無料ブログはココログ
フォト

ウェブページ