« 佐渡・大野亀 | トップページ | 不正か無視か造反か »

2024年6月 5日 (水)

無知の暴力

 正しいか正しくないかの基準は人によって、そして国によってずいぶん違う。さはさりながら・・・。

 

 若いときから中国に興味があって、日本歴史よりも中国史の方が詳しいくらいになったし、文化大革命についてもずいぶんいろいろ本を読んだ。だから外国へ行くなら中国へ、と思っていた。あるていどのゆとりが出てきて、中国への渡航も自由になってきたので、中国に行くことを決めたのが1989年のことだった。その1989年に天安門事件が起きた。結局実際に私が中国へ行ったのは、その二年後になった。

 

 昨日六月四日は天安門事件から三十五年目の記念日だった。中国政府は天安門事件がなかったかのようにすることを国民に強要し、その記憶をよみがえらせるような行動に対して異常なほどの規制を行っていた。

 

 目についた報道はいくつかあったが、天安門事件によって命を失った遺族の自宅の前に公安だか自警団だかの人物が終日居座り続けた、というのがあった。たぶん何百件、いやもっと多くのあちこちでそういう規制行動が行われていたのだろうと想像した。政府の正式発表では数百人の死者だが、実際は桁が違うといわれている。

 

 こういう中国政府の指示に従う、または自発的に行動する人たちの正義とは何かと思う。自分が正しいことをしていると思っているのだろう。彼らは実際に何があったのか、どうしてそういうことが起きたのか、何が正しいのかを判断するだけの知識を持たないし持つことが出来ないでいて、自分が無知であるという自覚がない。知らないまま正義だと思う沈黙の暴力を行使しているように見えた。

 

 ところで、日本では中国と違っていくらでも知ることが出来るのに知ろうともしないし知る必要があるとも思わずに無知でいる人がいる。私だって目くそ鼻くそを笑うの類いではあるけれど、知ろうと努めている。無知の暴力を行使する人間にだけは断じてなりたくない。

« 佐渡・大野亀 | トップページ | 不正か無視か造反か »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 佐渡・大野亀 | トップページ | 不正か無視か造反か »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 住まい・インテリア
  • 心と体
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
無料ブログはココログ
フォト

ウェブページ