« 六つの太陽 | トップページ | 繋がらなくなる »

2024年6月20日 (木)

自分しか見えない

 世の中には自分しか見えない人というのが常に一定数いるようだ。問題は、そういう人の割合が増えているのかどうか、ということだ。増えているように思うのは、ニュースとしてそういう人の起こす事件などがことさら報じられているということかもしれない。

 

 『岳飛伝』の集中読みが終了して、五冊程度の本を並行して読み進める読み方に戻っている。自分としてうれしいのは、ずっと読めなかったエンターテインメント本が読めるようになったことだ。今はSFが先行しているが、ミステリーや時代小説も戦列に加えていくつもりだ。すぐ読めるつもりで買って、そのまま読めずに積まれている本が大量にあるので、これからそれを消化できると思うとうれしい。読書に勢いがついているので、歯ごたえのある、哲学や啓蒙書などの本も少しずつ片付けていこうと思う。

 

 冒頭の感慨を書いたのは、今読み進めている武者利光・冨田勲の『電子のゆらぎが宇宙を囁く』という、レクチャーブックシリーズの一冊を読んでいて、本筋とは関係ないが、以下の一節を読んだからだ。四十年ほど前に出版された本だ。

 

武者-この間、秋葉原へ行ったら、すごいんですね。小学生が、もう目つきが変なんですよ。どいてくれって言っても、全然聞こえないんですね、人の言っていること。「ちょっとそこに置いてあるもの見たいんだよ。ちょっとどいてよ」って言っても・・・目がすわっちゃっててね。

富田-コンピューター・ショップの前でですか。

武者-そうです、秋葉原の。だけど、あれを買って家に持って行ったら、どういうふうになるのかなと思った、ああいう子は。

富田-新しいタイプの人たちですね。

 

 髪がうるさくなってきたので、午後は床屋に行こうと思う。

« 六つの太陽 | トップページ | 繋がらなくなる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 六つの太陽 | トップページ | 繋がらなくなる »

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 住まい・インテリア
  • 心と体
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
無料ブログはココログ
フォト

ウェブページ