ニュース

2018年1月24日 (水)

どちらが良いか分からない

 安倍首相が平昌オリンピックの開会式に参加の方向で検討中だと今朝のニュースで報じられていた。

 合意がなされたはずの慰安婦問題の蒸し返しや、北朝鮮のペースに終始する平昌オリンピック開始前の報道を見ていると、安倍首相は開会式に参加すべきではないと最初は思っていたけれど、いまは参加するほうがいいのかしないほうがいいのか良く分からなくなった。

 感情論からいえば、もちろん文在寅政権の態度は日本にとって不快であるから、参加しないことでその不快感を意思表示するのが当然に思える。参加すればそれほど不快には思っていないのだ、などと誤解されるおそれがあるという意見にも一理ある。

 オリンピックは参加することに意義があるという。だからそういう感情論はひとまず棚に上げておいて参加すべきだという意見も頷ける。政治的な理由があって参加しないと決めることはオリンピックの精神に反するというのも正論である。

 隣国のセレモニーに参加を要請されているのに断るのは角が立つ。東京オリンピックに韓国の大統領が参加しにくくなるであろう。政治的思惑が絡まない東京オリンピックには主要国の首脳の多くが参加すると思われるから、韓国が参加するかどうかはそれほど気にすることではないともいえるが、お隣さんであるから出てもらうほうが良い。

 そういうことでわだかまりが出来るとますます関係がこじれて、解きほぐすのが一層困難になるのなら、譲れるところは譲っても好いではないかという気持にもなる。

 いま文在寅は目先の平昌オリンピックの成功だけしか眼に入っていないように見える。そしてその成功には北朝鮮の参加が絶対に必要だと思い込んでいるようである。この機会に少しでも北朝鮮との距離を縮めることが出来れば、大きな功績として歴史に名を残せると確信しているのであろう。多少北朝鮮のペースになっても得るもののほうが大きいと信じているらしい。

 問題はオリンピックのあとの半島をどうしていきたいのかについてのビジョンが文在寅大統領にあるのかどうかということだろう。金正恩には確かなビジョンがありそうである。

 韓国の若者は、あまりに北朝鮮のペーストなっている状況に対する反発が起きているという。朴槿恵に対するロウソク革命を機に誕生した文在寅政権であり、その支持層の中心は若者達だった。その若者達が文在寅に失望しつつあるという。観念だけでは現実は変わらないことに気が付きだしたのであろう。

 話が戻るが、その若者達が、韓国がやや孤立を深め始めていると感じているのなら、ここで安倍首相が平昌に行くことは彼らにどのように映るだろうかということだ。もしそれが彼らが日本に好意的な見方への変化の一助となるのであれば、それこそが安倍首相の参加に賛成する理由になるかもしれない。

 いやいや、韓国の人の多くはそんなことでは日本に対して見方が変わるようなことなどないのだという考えもあるだろう。東京オリンピックを成功させるために来るのだ、とか、慰安婦問題の合意の見直しも日本はポーズだけ怒って見せているが、それほど気にしていないのだ、などと受け取ることにつながると心配する人たちもいるようだ。

 韓国のマスコミが報じる韓国国民の思考は日本人とずいぶん違うようであるから、日本がこうなら良いなと思うようには受け取ってくれないことの方が多い。そもそも正しく日本のことを伝えてくれていないようにも見える。

 あれやこれや考えて、安倍首相が平昌オリンピックに行くことに賛同するべきかどうかよく分からない。

 本当は行きたくないけれど、アメリカあたりから「日韓の関係修復のために行け!」といわれたのだ、などということが間違ってもなければいいのだが。

2017年12月30日 (土)

良い兆候なのだろうか

 日韓の慰安婦合意につい韓国の外務省が検証した結果が発表された。先日韓国の外相が日本に来たときに、当初今回の検証は政府が行うものではなく、民間が行っているものだから政府は関係ないとも取れる発言をしていたが、文在寅政権の外務省の下部機関が政府の指示で行ったもので、言い訳のためとはいえああいう公然たる嘘は見苦しい。

 文在寅政権はこの検証結果を基に日本と再交渉をして国民の喝采を受けようとしているのだろうが、政権維持のためとはいえあまりにも安直な手法に、またかとうんざりする。

 慰安婦合意は日本人も驚いたことで、喜ばしいこととはいえ信じられない思いがした。同時にこれはまた韓国で物議が生じ、合意がひっくり返されるだろうなあという予感もあった。

 予感の通り、二年経って新政権は再びそれを見直す動きを見せているわけである。政府と政府の間で行った合意を国民が納得しないから見直すというのは筋が通らない。これでは政府どおしのとり決めは常に不確かなものになってしまう。この場合は、とり決めをした政府が不満を持つ国民を説得するのが筋だろう。合意を見直して新たなとり決めをしたところで再び三度見直すことが考えられたら、交渉には意味がないことになる。韓国とのとり決めは常になし崩し的な見直しが常だった。だからこその「不可逆的」の文言だったのだろう。

 だから今回の検証がどうあれ、慰安婦問題はすでに韓国の国内問題である。ところが何たることか、合意にいたる非公開部分を公開するという、信じられないことを韓国外務省は行った。外交に非公開の部分があるのは必然的なもので、それを公開しないのは常識である。

 さすがに韓国の新聞各紙は右派左派問わずにその点は間違いではないかと指摘している。韓国の信用を損ない、日韓関係に重大なマイナスだと報じている。当たり前のことを当たり前に言っているけれど、いままでなかったことなのでそれにも驚いた。これは良い兆候なのだろうか。

 国際的に非常識でも日本に対してだけは何をしても良いというのが韓国ではないかと日本人の多くは感じている。それなら韓国とのつき合いは必要最小限にすべきだとさらに思うのは自然な感情だろう。

 韓国をよく知る人は、韓国の多くの人々はそこまで反日的ではないと言うが、今回の文在寅大統領の日本に対する言動は、はたして韓国の人々にどう見えているのだろう。彼の支持率は今回のことでさらに上昇するのだろうか。それなら日本は彼が政権を担っている間は韓国に希望がもてない。

 韓国の外相が日本に来た目的は、第一に安倍首相の平昌オリンピックの開会式への参列要請であったといわれる。安倍首相も国会期間中ではあるが参加を検討する、と答えていたようだ。しかし今回のことで、国民感情を考慮すれば「国会会期中だから参加は無理である」との解答をせざるを得ないだろう。

 そうなったところで、元々韓国のあの女性外相は文在寅大統領以上に反日左翼と噂されているから、別に何とも思わないことであろう。

 平昌オリンピックにトランプ大統領は行くのだろうか。まず行かないだろうと思う。そうなると習近平とプーチンが主賓として貴賓席に並ぶオリンピックになるわけで、文在寅としてはもっとも理想的な晴れ舞台となるわけだ。

2017年12月16日 (土)

ノーショー

 ノーショーとはNo Showで、約束の不履行をいうが、最近は予約の無断キャンセルのことをいう。飲食店などで連絡もなしに予約客が来ないことでの損失は大きい。ちゃんとキャンセルの連絡があれば他の客で埋めることが出来たから書き入れ時などには罪が重いが、たいていそのような客は、咎められても信じられないことに平然としているという。

 しばしばそういう人間ほど一方的にクレームをつけたりする。法的な制裁を受けることもほとんどないから、店側の泣き寝入りである。店の立場を考慮する、という思考回路がないのであろう。相手の立場に立って思考することが出来るのが大人というもので、そういう大人たちによって社会は円滑に廻るものなのだが、そういう未成熟なバカモノが社会に大きな損失を与えている。

 韓国の平昌オリンピックにはさまざまな懸念があるが、北朝鮮とアメリカの軍事行動の勃発の懸念はともかく、このノーショー問題が懸念されているらしい。

 平昌オリンピックのチケットがなかなか売れていないというニュースがしばしば伝えられていた。遠くて不便、宿泊費が高い、寒い、などは冬季オリンピックだから仕方がない面があるが、そもそも韓国では冬季オリンピックの種目についての認知度が低い。スピードスケートやスケートのトラック競技以外はあまり競技選手がいないし、なじみもないのである。

 それなら余程なじむような努力をして盛り上げないといけないのだが、それが不足しているのだろうか、10月時点でチケットは31%しか売れていなかった。このチケットを買った人は自分の意志で買ったであろうから来る可能性が高い。それが11月には一気に53%の販売率となった。これはあまりの売れ行きの鈍さに、地方自治体や民間企業、一部学校に強制的に買い取らせたものらしい。

 つまり自発的ではなく、経費でチケットを買い取らせているわけで、そのチケットはただで配られる可能性が高い。ただでもらったチケットで平昌に行くか行かないか、それは当人の気分次第である。

 そもそも韓国では日本以上にノーショーが当たり前の国だという。自分は行かないから行きたい人に何とかチケットを活かして、という発想がない可能性が高い。

 下手をするとテレビのオリンピックの映像では空席の目立つ観客席が映されることになるかもしれないと主催者は心配しているのである。

 韓国のノーショーの驚くべき話。聖火ランナーに決まった人の一割が当日何の連絡もなしに現れないのだそうだ。そのために予備の人間を手当てしておくのが当たり前になっているという。さらにボランティアにエントリーしているのに当日に何の連絡もなしに来ない人の割合はそれ以上だというから呆れてしまう。

 そういう文化であり民族性なのだ、などという話はこの場合通用しないのではないだろうか。約束を守らなくても平気な人が一割以上いる国、なるほどそうかと誰もが思い当たるであろう。

2017年10月 3日 (火)

言った者勝ち

 先日、ティラーソン・アメリカ国務長官が中国を訪問したのは、トランプ大統領のアジア歴訪で中国にも訪問する下準備だと大方は見ているが、実は別の目的があった、と遠藤誉女史が推測を述べている。

 今のままでは北朝鮮をアメリカが攻撃する可能性が高くなっている。軍事行動をすれば韓国や日本に被害が及ぶことは必至だが、先般もブログに書いたように、アメリカはそれを斟酌しないだろう。

 しかし被害は中国にも及ぶおそれがあり、なおかつ陸続きであるから避難民が中国に雪崩を打って押し寄せて大混乱になる可能性が高い。中国にとってもアメリカの軍事行動は迷惑に違いない。

 その上、アメリカが北朝鮮を制圧すれば、民主化された北朝鮮が、そして民主化した統一朝鮮が誕生することになるだろう。これも中国にとって望ましいことではない。

 「それでいいのか?」とティラーソンは習近平に聞いたはずだと遠藤誉女史は推測するのである。中国は、アメリカが38度線を越えたら北朝鮮を応援する、と公言している。言葉通りなら、北朝鮮の国土で米中の戦いが起こらないとは限らない。朝鮮戦争の再発である。そもそも朝鮮戦争は休戦しているだけで終結はしていないのであるから、長い休戦のあとの戦争継続である。

 中国もアメリカもそれを望まない。

 それなら中国が北朝鮮を制圧せよ!とティラーソンは中国に迫っただろう。中国が金正恩を排除して、傀儡政権をたて、中国に都合の良い国家にしても、アメリカは文句を言わない、とアメリカはささやいたに違いないというのだ。

 これなら中国とアメリカの戦いは起こらないし、朝鮮半島の現状が維持できる。中国はチベットを始め、そのような戦いに長けている。戦争をしたくてたまらない軍部かあって、その軍事行動にアメリカが口を挟まないと約束してくれれば、中国にとって魅力的な提案だろう。

 その口約束は公表されるはずのないことであるけれど、中国とアメリカの利害の落としどころとして大いにあり得るというわけである。しからば習近平は全人代で強権の確保ができ次第北朝鮮に軍事行動を起こすのではないか。

 出来れば大がかりにしたくないから、金正恩とその周辺だけを排除したいだろうが、金正恩も万全の保安体制を敷いているだろう。そう都合よく行かずに戦火は拡大するおそれもある。しかしアメリカの軍事行動よりは大がかりにならないような気がする。

 あくまで遠藤誉女史の推測だけれど、そういうこともあり得ると思わないこともない。言った者勝ちである。

2017年10月 2日 (月)

見直した

 希望の党立ち上げ組の若狭氏が、政権を取るのは次の次の選挙、と言ったらしい。なんとなく胡散臭い人だとみていたけれど、ちょっと見直した。

 マスコミは新しいものが好きだし、変化は話題になるから、政権交代、政権交代、とはやし立てる。しかしいま希望の党が寄せ集めのままで政権を取ってしまったら、どうやって組閣をするというのだろう。危うい話ではないか。

 枝野氏が新党民主党を立ち上げるという。これでリベラル派の議員の受け皿になるだろう。何とか議員として残りたくて希望の党に擦り寄ったが、はじかれてしまったような人たちや、はじかれそうな人たちがそちらにまとまればすっきりする。希望の党もわずらわしくなくてありがたいことだろう。ついでに泡沫党もみんなまとめてくれるとありがたい。テレビでは、それぞれを対等に取り扱うために雁首を並べて意見を聞かされるのにはうんざりしていた。

 これで本来の保守の改革が可能になるのではないか。現与党も慢心して寝ぼけたままでいては政権を失うと思えば少しは改革しようとするだろうし、それを怠ればそのときには力を付けた希望の党に票は流れるだろう。

2017年9月26日 (火)

感じ悪い

 昨日の小池都知事の会見を見た。感じが悪い。アウフヘーベンがどうのといって、記者達の多くがきょとんとしているのを「意味が分からなければ辞書を引いて下さい」と言ってのけた。

 私だってアウフヘーベンの意味がよく分かっているわけではない。それでもあの会見にアウフヘーベンという言葉を使うことに違和感を感じる程度には知っている。だからあそこでこの言葉を使うことに必然性をまったく感じない。知ったかぶりのいいカッコウしいにしか見えなかった。そう感じた人は意外に多かったのではないか。

 会見全体としては内容が空疎で、なにを目指すための「希望の党」の立ち上げなのかよく分からなかった。今のままでは百家争鳴になりかねない新党を自分が代表になることで「リセット」するのだということを発表したのだというだけで、それで終わりである。

 安倍首相の記者会見の時間を知って、その前に突然のスタンドプレーで割り込み、安倍さんの記者会見のインパクトを打ち消そうという意図だけが見えた。政治評論家は盛んに小池氏の巧妙であることに感心して見せたが、あの小池都知事の会見を見てなにを目指した新党なのか聞き取って分析して説明をしてくれるわけではない。多分言わなかったし、政治評論家にも分からなかったのだろう。

 第2の民主党にはならない、といいながら、目的がはっきりしないまま選挙目的で集まる候補者たちをかき集めて選挙を行えば、出来上がった新党は烏合の衆である民主党とどう違うのか。少なくとも左派は入れないというハードルはあるだろうけれど、それだけではないのか。ここでハードルでも下げてみせれば左派も難破船から逃げ出して合流するだろう。それならただの乗っ取りではないか。

 まさかそこまではしないだろうが、分からないぞ。

 アウフヘーベンは哲学用語で、日本語では止揚と訳される。私が高校のときに倫理社会の教師から教えられたイメージは、袋小路に入ってしまった相反する議論を、袋小路の上空に持ち出すことで袋小路から脱するという手法だという。分かったようで分からないけれど、イメージだけは残っている。確かに空を飛べれば袋小路からは抜け出せる。小池さんはスーパーマンか。

2017年9月25日 (月)

アグン山に噴火の兆候

140921_135

 インドネシア・バリ島の活火山のアグン山(3014メートル)が噴火する兆候が濃厚になっているらしい。当局は警戒レベルを最高レベルにして住民の避難を進めている。避難勧告地域は火口から半径9キロだが、さらに拡大が検討されているという。現時点では航空便は通常通り運航されているが、今後デンパサール空港は閉鎖の可能性もあるという。

140921_130 黒く見えるのは溶岩

140921_131 溶岩は山を流れ下り、

140921_134 一帯を覆い、草木も生えていない。

140921_138 右手の山の下に湖がある。ここに溶岩は流れ込み、湖の面積を大きく縮小させた。それを眺めることの出来る展望レストランでビールと軽食を摂った。

 アグン山は1963年から64年にかけて大爆発を起こし1148名の犠牲者を出している。このとき火山灰の影響で北半球の気温が0.5℃下がったといわれている。地球的規模の影響を与えた大噴火だったのだ。

 2014年にバリ島に行ったとき、ここに立ち寄った。たった50年前のことであり、まだ溶岩流を流れたあとそのままで見ることが出来た。

 地球規模の自然の動きは止めようがない。経過を見つめることしか出来ないが、被害のないことを祈っている。

 インドネシアの火山爆発といえばクラカトア火山の爆発を思い出す。クラカトアとはジャワ島とスマトラ島の中間の島々をいうが、ここで1883年に巨大な火山爆発があった。このときには巨大津波が発生して大惨事となった。火山と津波による死者は36417人。このときにも火山灰が北半球を覆い、地球的規模で気温が低下している。

 この火山と津波のときの様子が描かれているのが「ジャワの東」という映画で、私の忘れられない映画だ。残念ながらまったく知られて居らず、WOWOWやNHKBSで放映される気配はない。アグン山が実際に噴火したら放映されるかもしれない。

 『二ナーの気球』というアメリカの小説にこのときの火山爆発と津波が描かれているというから、これが映画の原作なのかもしれない。映画ではこの爆発直前の火山の側を気球で飛ぶハラハラするシーンがあるのだ。

2017年9月22日 (金)

理由は外貨か

 8月の中国から台湾への旅行者が、蔡総統になって初めて前年同月比で5.2%増加して90万人を超えたそうだ。それに対し、日本からの台湾訪問者数は7.9%減少して17万人あまりだったという。

 台湾では、今年の日本人の年間の訪問者の目標を200万人においているのだが、それが危ぶまれる状況だという。ちなみに2016年に日本を訪れた台湾人の総数は約430万人、不均衡を是正したいところなのであろう。

 ただ、台湾からの旅行者数が多くなりすぎて、日本から台湾への航空券のチケットが入手しづらいという事情も背景にあるらしい。やって来た人はたいてい帰るのだから当然だ。

 日本政府観光局によれば、8月の中国から日本に訪れた旅行者は前年同期と比べて2.1%増の約82万人、単月の新記録だという。ちなみに訪日外国人旅行者数は20.9%増の約248万人で8月としては過去最高とのことである。

 そんなとき、中国政府が旅行会社に対して口頭で日本行きの観光ツアーを制限するよう通達を出したという報道があった。既に年間の旅行者数の取り扱い人数については制限がかけられていて割当制が実施されているが、既に旅行会社の一部は割り当て分一杯まで販売済みであり、事実上の販売禁止に近い措置ともいえる。

 中国は10月1日からの国慶節の連休で日本への航空便はほぼ満席。中国から日本へ来る観光客の4割が団体客で、それが制限されると影響がどうなるのか心配されているそうである。

 理由について、外貨の流出を制限することを目的としている、と見られているらしいが、いったい観光客がどれほどの外貨を持ち出しているというのだろうか。中国の保有外貨は巨額であるから心配ない、と中国政府は胸を張っていたのではなかったか。旅行客の持ち出す外貨で揺らぐほど外貨保有高が危うくなっているのだろうか。

 8月の単月だけ見て、中国人観光客の伸びが2.1%で、外国人全体で20.9%の伸びであったことから見て、日本としては中国人の団体旅行客が減っても、韓国のように観光地で閑古鳥が鳴くような事態にはならないようで安心して良さそうだ。

 中国の言論統制、情報管理が厳しくなっていることを少し前に書いた。中国人旅行者が日本に来れば、自国の問題点に気がつくことも多いであろう。そのことが習近平としては不都合だ、と考えての措置のような気がするが、どうだろうか。

2017年9月17日 (日)

またニュース雑感

 釜山では反日団体が日本公使館前の慰安婦少女像のとなりに徴用工の像を設置し曄としているらしい。地元自治体がその対応に苦慮しているという。そもそも外国の公館の前にこのような像を設置することは法律に違反しているのである。しかしこれを撤去することは民意に反するから騒動になることは、一度慰安婦像を撤去したときの騒ぎで自治体も身に沁みて知っている。それらの像を毀損しようとする者も少なからずいる。いま、自治体は像を護ることに注力せざるを得ない状況に追い込まれている。

 自治体が法律に違反する像を黙認するだけにとどまらず、護らざるを得ないというのが韓国の実情だ。法律の上に民意という名の反日団体が君臨しているようだ。法律が民意を反映していないというなら法律を改正することである。法律をそのままにしたまま民意で法が枉げられるのならそれは無法である。ところが韓国では法を護るべき裁判所が法を自ら枉げて民意におもねる。司法界に北朝鮮シンパが跋扈しているという噂は本当か。

 (私がいつも拝見している「のんびり生きる」というブログがある。ここに韓国の問題について別の素材で書かれていた。参考になる。このブログはポチッともいいね!もできないしコメントを書く欄もない。しかし非常にクールで地に足のついた内容なのでいつも敬意を払って読ませてもらっている。)


 韓国の出生率の低下が止まらず、当然のことに新生児が減少しているという。2015年の出生率が1.24、2016年が1.17、2017年の推計が1.03だそうだ。推計はあくまで推計だけれど、これは異常な数字である。ちなみに日本の出生率は2016年で1.44。

 韓国では出産した両親に養育費として支給する補助金を一桁上げようという検討が行われているという。養育費教育費に金のかかる韓国の実情が出生率の低下の一因だと考えての施策であろうか。

 生物は危機になると出産が増える。子孫を残すために本能的にそうなる。それなら韓国の出生率が低下しているのは、韓国は危機ではないということなのだろうか。北朝鮮の危機は韓国と関係ないと確信しているのか、経済危機が迫っているというのは妄想で、韓国は豊かさが持続すると国民は確信しているのか。

 もし韓国の将来に不安がありながら、それでも出生率が低下し新生児が減少しているのなら、韓国国民の本能は壊れてしまったのか。もしかしたら本能よりも強い抑制が働いてしまうほど将来に対する不安があるという危機的状況か。それなら金をばらまいたところで新生児が増えることはないだろう。

 イギリスのオックスフォード人口問題研究所は、この数字を解析して「地球上で真っ先に消え去る国は韓国である」と指摘しているそうである。

 そうなるのはずいぶん先であるけれど、その前にその対策として北朝鮮との統一を「本能的」に模索するかも知れない。半島統一は韓国に経済的に大変な危機をもたらすが、それこそ本能にスイッチが入るきっかけになるかも知れないではないか。

ニュース雑感

 昨晩は寝付けないので、ごそごそと起き出していろいろなことで遊んでいたら朝になり、明るくなったとたんに眠っていた。昼前にようやく起き出して、開けた窓から入ってくるひんやりした風を気持ちよく感じている。台風はまだ名古屋から遠いので、風は樹木を揺らすほどでもない。雨もぱらつく程度のようだが、これから雨風が強くなるのだろうか。

 ネットニュースを見ると民進党の離党についてさまざまな報道や個人的なコメントがある。今後も離党が続くのではないかという意見が多い。今のままでは選挙を戦えないと考える議員から離党していくとの情報もある。だから自民党やその周辺で衆議院の解散が取りざたされているのか。確かにいま総選挙をすれば民進党はさらに衰退するだろうが、不要な解散をすれば、自民党に対しての風当たりも強くなる。当たり前のことである。それでは加計問題や森友問題の報復としか見えないし、実際にそうであろう。そんなことをしている場合ではないだろう。安倍首相には軽挙しないでもらいたいものだ。

 民進党を離党した細野氏たちは日本ファーストの会を立ち上げた若狭氏たちとの合流を模索しているようだ。数という勢力を頼むには合理的な考えのように見えるが、果たして政治的な信条は共に闘えるほど近いといえるだろうか。若狭氏には(もともと小池都知事にも)やや危ういものを感じている。言っていることは華々しいが、実務となるとかなりお粗末であることは事実が示している。

 何がお粗末か。責任を引き受けようという様子が見えないことである。築地の問題でも、オリンピック会場の問題でも、一体あれは何だったのか。何かを選び、何かを捨てれば必ず非難が起こる。その非難を引き受けられずに、つまり傷がつくのを恐れただけのように見えるのである。都庁の職員達のあいだでは小池都知事の人気があの石原元知事よりはるかに低いという。実務に疎く、実務をする人をきちんと見ることができていないということの表れだろう。

 すぐに力のある新党を立ち上げたい気持ちは分かるが、ここは隠忍自重して独自の少数政党から、つまり一から始めるほうがよいと私は思う。国民は見ている。若狭氏はスタンドプレーで結局自滅するキャラクターにしか見えない。合流をしないことで、選挙だけのための合流に参じようという議員を選別し峻拒すべきであろう。いまは合流を急ぐべきではないと思う。そうして初めて民進党という烏合の衆から離党した意味が生きるのではないか。

ここからあとで追加
 ひるのニュースで衆議院の解散が行われるらしいと報じられていた。朝寝をしていたので知らなかった。

 もう民進党は叩く値打ちもないのに何だかなあ。一番よろこぶのは共産党かも知れない。

より以前の記事一覧